Jリーガーが友達を紹介!

「気持ち」でつながってきた同い年のセンターバック

那須大亮(浦和レッズ/DF)

茂庭ほど1対1が強いセンターバックは見たことがない。僕からは遼一で!寡黙な印象を持たれているけど…。

気持ちの乗った茂庭はまさに敵なしだった。

 モニ(茂庭照幸)はユース代表の頃から一緒で、同い年のセンターバックとして、僕にはない強さを持っていた。対人の守備が強くて、相手エースをなんなく止めていたときに、こいつ凄いなって唸らされた。あいつほど1対1が強いセンターバックは見たことがない。だから補完し合い、刺激し合ってきた関係だった。

 プライベートでの付き合いはそんなになかった(笑)。同じチームでプレーすることはなかったから。ただ、ユース代表からアテネ五輪代表と、当時は国内外で遠征が多く組まれて、一緒の部屋で過ごす時間が一番長かったんじゃないかな。宿舎で、ピッチで、本気でいろいろ語り合った。そうやって互いを高め合ってきた仲だった。気持ちの乗ったときの茂庭は本当に敵なしだった。

 僕からは前田遼一でお願いします。プライベートでも長い間付き合いがあり、磐田でも一緒にプレーしてきた大切な友人です。

 サッカーのプレーやインタビューを受けているときと、普段の遼一はまったく違いますよ。寡黙な印象を持たれていますが、よくしゃべるし、とにかく明るい。よく笑わせてくれる。気付けば時間が経つのも忘れて、ずっと語り合っているような仲です。

【おすすめの記事】
・ともに戦い、歩んできた塩田仁史から石川直宏へ――
・石川直宏がラストマッチ後に応じた一問一答。「ゴールを狙っていたので、アシストは考えていなかった(笑)。でも…」
・W杯は大丈夫か。長谷部誠が語った「ケガとの付き合い方」
・鹿島移籍、決定間近!? 内田篤人が口にしていた「時間との勝負」
・【移籍の真相】「浦和か湘南に絞っていた」山田直輝が最終決断を下すまで――
・【移籍の舞台裏】神谷優太が愛媛へ武者修行。東京Vユースから 青森山田高に‟移籍”した時と共通する覚悟

プロフィール

※2017年12月11日現在時点の情報

1981年10月10日生まれ、鹿児島県南さつま市出身。180センチ・77キロ。枕崎SSー枕崎中-鹿児島実業高ー駒澤大ー横浜F・マリノスー東京ヴェルディージュビロ磐田ー柏レイソルー浦和レッズ。今季J1・9試合・0得点、J1通算391試合・29得点。

那須大亮選手の情報をチェック

Ads

Ads