Jリーガーが友達を紹介!

【Jの輪】鹿島の新FW伊藤翔から横浜FM新10番の天野純へ

伊藤翔(横浜F・マリノス/FW)

(対戦する時は)匠のいないサイドに行きます。純にはいい位置でFKを与えないこと。

下平匠とは「アイコンタクトをしなくても分かり合えた」。

 (下平)匠は2014年、同じタイミングで横浜F・マリノスに入団しました。その頃の横浜はビッグネームの選手がたくさんいて、その中でまずどうやっていこうかと二人で相談し、模索しながらやっていきました。

 匠はとても頼りになるサイドバックでした。人に合わせるのが上手い。二人でアイコンタクトをしなくても、どこにボールが行けば、どこに動くかとか、ある程度、同じような感覚でできていました。

 それだけに、お互いにこのタイミングで移籍を決めて(下平は横浜FMからジェフユナイテッド市原・千葉への期限付き移籍を今季完全移籍に切り替えた)、一緒のチームでプレーできなくなってしまったのは寂しいです。本当に自分にとっては大切な戦友でした。

(いつか再び対戦したいですね?)そしたら僕は匠のいないサイドに行きますよ。ハハハ。頭がいい選手で、最後の最後まで粘り強く食いついてきますからね。匠を怖がって、逆サイドに行きます。

果たして、背番号10をつける権利はあるのか――。天野の背中を押す。

(次につなげるのは)天野くんにしましょう。純でお願いします。

 純も同じタイミングで、マリノスに新たに加入しました。プライベートで一緒に食事や遊びによく行っていましたが、一方、当初は試合には出られたり、出られなかったりで、苦しんでいるところも近くで見てきました。今やA代表まで登り詰めるまでになって、もう僕は頭が上がりません。

 もちろん、もともと才能のある素晴らしい選手だと思っていました。大卒でプロの世界に初めて入ったので、どのような立ち居振る舞いをすればいいのか戸惑っていた感じで、そこから段々と自分自身がしっかり固まっていった。その持っている実力をピッチ上で、余すところなくしっかり発揮できるようになっていったと思います。だからこそ、基本的に純からのボールをずっと狙っていましたから。

 普段はちょっと人見知り。でも、心を開くと喋る(笑)。口数がめちゃくちゃ多いわけではないですけれど、面白いですよ。

(天野選手は今季から横浜FMの10番をつけることになったが?)それは、僕も後押ししたんです。本人は選手にもある程度認められなければ、マリノスの10番はつけられないという話をしていました。そこで「誰も文句を言うヤツなんていないよ。大丈夫。自分から申し出ていいと思うぞ」と、背中を後押ししました。

(横浜FM戦では)いい位置でFKを与えないようにしないといけないですね。最後に、純へメッセージですか? そうですね。たくさん喋れよ!

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

イラスト
PROFILE  茉莉香 MARIKA
イラストレーター・デザイナー。インスタグラムのアカウントは marika22_10。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。主にサッカー・フットサル選手のイラストや、スポーツウェアのデザインを制作。また日本のサッカーファンを代表して、FIFA Global Fan Movement メンバーとして活動中。

プロフィール

※2019年2月21日現在時点の情報

いとう・しょう/1988年7月24日生まれ、愛知県春日井市出身。184センチ・76キロ。名古屋FC(小野小)-FC.FERVOR愛知(中部中)―中京大中京高―グルノーブル(フランス)―清水エスパルス―横浜F・マリノス―鹿島アントラーズ。昨季J1・26試合8得点、J1通算182試合37得点。

伊藤翔選手の情報をチェック

Ads

Ads