Jリーガーが友達を紹介!

駒野の紹介で横浜FCに電撃加入した松井大輔がさっそく登場!

松井大輔(横浜FC/MF)

コマちゃんは誕生した瞬間から、あの顔のまま。僕からはようやく”近所”になった川崎のあの選手で。

選抜、トレセン、世代別代表、日本代表…気付けば、隣に駒野がいた。

 聞くところによると、コマちゃん(駒野)は産まれた瞬間から変わらずあの顔だったそうです。僕らは小学校の頃からの知り合いですが、実際、ずっと顔はあのまま。変わっていません(笑)。

 関西選抜で小6のときに知り合い、中学や高校のトレセン、選抜、ユース代表、日本代表……気が付けば、隣に駒野がいた、と言えるぐらい長い付き合いです。

 その頃の関西と関東の選抜チームはみんなが気が合って、ナオ(石川直宏)や(前田)遼一とも会うたびに仲良くて、いろんな話をしていました。そこからアテネ五輪にもつながっていきましたね。

 コマちゃんはキャラクターが際立っています。いるだけで場が和む。

(駒野選手も松井選手のことを話すと面白い男だと言っていましたが?)いやいや、コマちゃんには適いません。その存在だけで、パッと明るくして、みんなを楽しませてくれます(笑)。

 根は真面目で、試合はチームのために全力で走り続けてくれます。同世代の中でも脚力がずば抜けていました。これはモノが違うなといつも思わされてきました。

 ジュビロ磐田で一緒だったときはプライベートでもよく食事に行っていましたね。コマちゃんの子供がまた、顔がそっくりでね。しかも独特な動き出しまで似ていて、これは将来が楽しみだと思いました。

 今度は福岡と横浜FC、J2の試合で戦うことになります。ピッチでの再会、心待ちにしています。本当に楽しみです。

ワールドカップ・南アフリカ大会では隣同士の部屋だったが、

 では僕からつなぐのは、(大久保)嘉人でお願いします。川崎と横浜FCで、やっと”近所”になりましたからね。これまで食事に行こうねという話はするけど、距離が離れすぎていてなかなかタイミングを合わせられずにいました。だから、ようやく会えそうです。

 僕が鹿児島実業高、嘉人は国見高。高校ではよく対戦したし、そのあとアテネ五輪から代表チームで一緒になる機会が増え、(2010年の)ワールドカップ・南アフリカ大会では部屋が隣同士で、頻繁に行き来していました。

 試合中の嘉人は、興奮すると言葉が通じなくなっちゃうんですよね。「どこの国の言葉だ……」って、みんなが分からないようなことを叫び出して。そんなときに僕が「大丈夫か」「正気に戻れよ」とか、よく声を掛けて落ち着かせていました(笑)。

 (家族ぐるみの付き合いは)これからですね。ずっと擦れ違いのようになっていたので、ゆっくり話をしたいです。嘉人へのメッセージですか? 同じ神奈川県内のチームになったので、ぜひ美味しい食事できるところを教えてください。

 2018シーズン、僕も横浜FCでJ1昇格に向けて全力を懸けて挑みます。

ともに戦い、歩んできた塩田仁史から石川直宏へ――

プロフィール

※2018年2月8日現在時点の情報

まつい・だいすけ/1981年5月11日生まれ、京都府京都市出身。大宅SSS―大宅中―藤森中―鹿児島実業高校―京都パープルサンガ―ル・マン(フランス)—サンテティエンヌ(フランス)—グルノーブル(フランス)ートム・トムスク(ロシア)—ディジョン(フランス)—スラヴィア・ソフィア(ブルガリア)—レヒア・グラニスク(ポーランド)―ジュビロ磐田ーオドラ・オポーレ(ポーランド)―横浜FC。J1通算95試合7得点、J2通算116試合18得点、リーグ・アン148試合17得点、リーグ・ドゥ41試合4得点、ロシア1部7試合0得点、ブルガリア1部11試合0得点、ポーランド1部16試合4得点、ポーランド2部3試合0得点。日本代表31試合1得点。

松井大輔選手の情報をチェック

Ads

Ads