【選手採点│FC東京×浦和】引き分けたが浦和は「オール3以上」。ミスなく守り切った林をMOMに選出

【マン・オブ・ザ・マッチ=MOM】林彰洋(FC東京)

林&東に最高評価。長谷川監督は守備陣を評価したが、危険地帯を使われていた点は課題か。

[J1 1節] FC東京 1-1 浦和レッズ/2018年2月24日/味スタ

【MATCH REPORT】立ち上がりから浦和レッズが試合の主導権を握りバイタルエリアまで攻め込んだものの、ゴール前に興梠慎三しかいないなど、攻撃の迫力を欠いてしまう。すると後半、ホームチームは浦和のハイラインの裏を攻略し、髙萩洋次郎のスルーパスから東慶悟が確実に先制点を決める。しかし直後、浦和は柏木陽介のCKを槙野が押し込み同点とする。その後は両チームともに交代選手を送り込んでものの、守備陣が踏ん張り、結局1-1のドローに終わった。

【選手採点】
□FC東京
先発
GK
33 林 彰洋 4
DF
6 太田宏介  3
3 森重真人 3
48 チャン・ヒョンス 3
2 室屋 成 3
MF
38 東 慶悟 4
8 髙萩洋次郎 3
7 米本拓司 3
39 大森晃太郎 2(84分▽)

FW
9 ディエゴ・オリヴェイラ 3( 70分▽)
20 前田遼一 2

交代出場
MF
11 永井謙佑 3(70分▲)
15 久保建英 ―(72分▲)

SUB
GK
1 大久保択生
DF
25 小川諒也
5 丸山祐市
MF
18 橋本拳人
FW
 17 富樫敬真

【採点理由】林はクロス、シュートへの対応がほぼパーフェクトで、マン・オブ・ザ・マッチに選出。「5」を付けてもよかったが、浦和のシュート精度の低さに救われたところもあったか。ディエゴ・オリヴェイラは体を張って何度か起点になり、ボール奪取から得点にも絡み、及第点の「3」に。ただ内容的には浦和に上回られ、「GKを含めよく集中して対応できた」と長谷川監督は言っていたが、大森らが仕掛けた後ろのスペースを使われ、ゴール前の危険地帯まで持ち込まれてしまい、全体のラインが下がってしまった点は課題か。

Ads

Ads