【選手採点│札幌 2-1 長崎】J1初ゴール、おめでとうチャナティップ!!「5」の最高評価を2トップに

【マン・オブ・ザ・マッチ=MOM】チャナティップ(札幌)

札幌―FKの冴えた福森ら4人に「4」。

[J1 4節] 札幌 2-1 長崎/2018年3月18日/札幌ドーム

【MATCH REPORT札幌が53分、チャナティップのスルーパスをジェイがしっかり決めて先制に成功する。ただ、その後は長崎の最終ラインを含めたビルドアップからの崩しに苦しみ、翁長にファインシュートを決められ同点とされる。ただ試合終了間際の90+4分、福森のFKをジェイが折り返し、最後はチャナティップが押し込み、勝ち越し!! 札幌ドームの一体となった雰囲気が、ペトロヴィッチ体制初の勝点3をもたらした。

□北海道コンサドーレ札幌
HOKKAIDO CONSADOLE SAPPORO
【選手採点】
先発
GK
25 ク・ソンユン 4
DF
35 進藤亮佑 3
20 キム・ミンテ 3
5 福森晃斗 4
MF
14 駒井善成 4
27 荒野拓馬 2(78分 ▽)
8 深井一希 4(88分▽)
38 菅 大輝 3
41 三好康児 2(69分▽)
18 チャナティップ 5 [MOM]
FW
48 ジェイ 5

交代出場
MF
6 兵藤慎剛 3(69分▲)
FW
9 都倉 賢 ―(78分▲)
MF
32 石川直樹 ―(88分▲)

SUB
GK 
1 菅野孝憲
DF
26 早坂良太
MF
44 小野伸二
11 ヘイス

【採点理由】前線で躍動して先制点をアシスト、劇的決勝弾を決めたチャナティップに最高点「5」&MOM。前線で体を張り続けたジェイにも最高評価に。ただしチーム全体でミスも少なくなかった。先制したあと、必ず相手に先にボールを触れられていた守備面の改善が今後の課題に。

長崎―ファインゴールの翁長、攻撃参加で貢献した高杉を評価。

【マン・オブ・ザ・マッチ=MOM】チャナティップ(札幌)

□V・ファーレン長崎
V-VAREN NAGASAKI
【選手採点】
GK
1 増田卓也 3
DF
32 徳永悠平 3
39 チェ・キュベック 3
4 髙杉亮太 4
MF
3 飯尾竜太郎 3
28 翁長 聖 4
26 碓井鉄平  3
15 島田 譲 3(59分▽)
20 中村慶太 2
19 澤田 崇 2(83分▽)
FW
9 ファンマ 3

交代出場
MF
17 中原彰吾 3(59分▲)
MF
11 鈴木武蔵 2(67分▲)
18 ベン・ハロラン ―(83分▲)

SUB
GK
30 徳重健太
DF
5 田上大地
13 乾 大知
MF
23 米田隼也

【採点理由】素晴らしいシュートを突き刺した翁長に「4」。高杉の攻撃参加も効果的で、後半は押し込む時間が長かった。ただ攻撃が単発のまま、途中で終わってしまっている印象も。ファンマはフィニッシュまで持ち込めていただけに(シュート4本)、そろそろチームを勢いづけるリーグ初ゴールがほしいところ。

【採点基準】サカノワの選手採点は、より分かりやすく通信簿をもとに5段階評価を採用。評価基準は、5=とても良い、4=良い、3=及第点、2=本来の力を発揮できず、1=大きく期待外れ……。試合結果を重視し、評価にも反映していきます。先発メンバーと途中出場の20分以上の出場選手が対象。いつか(もしかするとすぐ!?)、「オール5」達成だ!

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads