【選手採点&レポート│磐田 0-0 清水】中村俊輔が魅せたが、MOMは清水の石毛秀樹に

[マン・オブ・ザ・マッチ]石毛秀樹(清水)

清水の2トップはシュート1本だが高評価の理由は…。

 [J1 6節] 磐田 0–0 清水/2018年4月7日/ヤマハスタジアム

【MATCH REPORT】好調同士の静岡ダービーは両者ともに守備が堅く、球際で終始激しい攻防が繰り広げられた好ゲームとなった。前半は特に清水の前線からのアグレッシブなプレスが光った。ボールを奪ってもミスが多かった磐田だが、後半は前への推進力を高め、清水の守備ゾーンを押し下げ攻勢に。しかし、ゴールをこじ開けられない。70分過ぎからは清水も反撃に出たが、お互い決定機を作れず、熱戦はスコアレスドローで決着した。

□ジュビロ磐田 
JUBILO IWATA
【選手採点】
GK
21 カミンスキー 4
DF
5 櫻内 渚 3 (71分▼)
41 高橋祥平 3
3 大井健太郎 4
4 新里亮 3
MF
6 ギレルメ 3
7 田口泰士 3
30 上原力也 3
10 中村俊輔 4(89分▼) 
19 山田大記 4(75分▼)
FW
20 川又堅碁 3 

交代出場
MF
27 荒木大吾 ―(71分△)
MF
18 小川航基 ―(76分△)
11 松浦拓弥 ―(89分△)

【採点理由】後半のパフォーマンスは良かった。しかし前半は全体的に精彩を欠いたため「3」の評価が中心に。シュートは13本と清水を大きく上回ったが、崩し切るシーンはなかった。そのなかで3試合ぶりに先発復帰した中村のボールキープ力、味方への的確なサポートが光っていた。よくチャンスに絡んだ山田、清水の外国人2トップを抑えたディフェンスリーダーの大井、好セーブをみせたカミンスキーにも「4」をつけた。
 
□清水エスパルス
SHIMIZU S-PULSE
【選手採点】
GK
13 六反勇治 4
DF
28 立田悠悟 3
3 ファン・ソッコ 4
4 フレイレ 4 
25 松原 后 3
MF
6 竹内 涼 3
17 河井陽介  3
30 金子翔太  3 
29 石毛秀樹  4 [MOM]
FW
19 ミッシェル・デューク 4(74分▼)
FW
20 クリスラン 4  (83分▼)

交代出場
FW
10 白崎凌兵 ―(74分△)
FW
9 鄭 大世 ―(83分△)

【採点理由】相手エースに決定機を許さず沈黙させたファン・ソッコ&フレイレのCBコンビとGK六反を高評価。彼ら以上に守備に貢献し、磐田を苦しめたのが、一瞬たりとも気を抜かずに前線から執拗にプレスをかけ続けた2トップ。シュートは各1本でストライカーの仕事はできなかったが、それでも「4」に値する。石毛は突破やテンポのいいパス、ゴール前の落としや、ポストを叩くミドルシュートなどで相手にとって怖い存在に。対峙する櫻内を自陣にこもらせた時間が長かったことも「4」とMOMの理由だ。

Ads

Ads