【選手採点&レポート│柏 0-1 広島】前半は右、後半は左。”頭脳派”パトリックが攻撃に変化をつける

[マン・オブ・ザ・マッチ]パトリック(広島)

柏は山﨑が気を吐いたが、まさかの途中出場から負傷…。

[J1 6 0-1 広島 /201848日/三協フロンテア柏スタジアム

MATCH REPORT首位の広島が危なげない試合運びで勝点3を積み上げた。前半は右サイドの柴崎を中心に攻撃を組み立て、17分に佐々木のゴールで先制。後半に入ると柏の逆襲に遭い、それまで沈黙していた伊東に攻撃のリズムを作られる。しかしアウェーチームは終始安定した守備とGK林のPKストップで無失点に切り抜ける。リーグ6試合で失点わずか1と、守備の安定がチームを支えている。

 □柏レイソル
【選手採点】
GK
桐畑和繁 3
DF
13 小池龍太 3
4 中村進之介 3
中山雄太 2
ユン・ソギョン 3
MF
37 
細貝 萌 2(64分▼)
15 
キム・ボギョン 3
10 江坂 任 2
FW
18 瀬川祐輔 3(68分▼)
クリスティアーノ 2
18 
伊東純也 2 

交代出場
MF
7 大谷秀和 3(64分△)
FW
11  山﨑亮平 3(68分△)(83分▼)
DF
39 
亀川諒史 ―(83分△)

【採点理由】4日のACL全北戦で完敗を喫し、グループリーグ敗退が決まった柏。切り替えてリーグ戦に臨みたかったが、チーム全体に「元気」が感じられなかった。途中出場から負傷により15分と短いプレーでビッチを去った山﨑だが、PKを獲得する好プレーがあったので「3」を付けた。広島の組織力を個の力で打開しようとした攻撃陣は全体的に低調なパフォーマンスに終わった。 

□サンフレッチェ広島
【選手採点】
GK
林 卓人 4
DF
33 
和田拓也 3
2 野上結貴 3
水本裕貴 3
19 
佐々木翔 3
MF
30 柴崎晃誠 4
青山敏弘 3
15 
稲垣 祥 3
18 柏 好文 3(70分▼)
FW
39 パトリック 4(88分▼)[MOM]
工藤壮人 4(76分▼)

交代出場
MF
23 吉野恭平 3(70分△)
MF
36 川辺 駿 ―(76分△)
FW
20 渡 大生 ―(88分△)

【採点理由】連動したパスワークと労を惜しまぬディフェンスで耐え、相手の急所を突くカウンターで勝利を挙げた。ゲームを組み立てた柴崎、PKのピンチを救った林、古巣相手に前線で活発な動きを見せた工藤を「4」と評価。MOMのパトリックは、前半は右、後半は左に流れて起点を作り、ゲームの流れに変化を与えた。

【採点基準】サカノワの選手採点は、より分かりやすく通信簿のような5段階評価を採用。評価基準は、5=とても良い、4=良い、3=及第点、2=本来の力を発揮できず、1=大きく期待外れ……。試合結果を重視して、評価にも反映しようと思います。先発メンバーと途中出場の20分以上の出場選手が対象。いつか(もしかするとすぐ!?)、「オール5」達成だ!

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads