【広×横、鳥×柏、名×仙│選手採点】西村拓真、亀川諒史、パト&柏に最高点「5」。週末もキーマンだ!

伊東、中山、キム・ボギョンも「4」の高評価

[J1 7鳥栖 1-2 柏 /2018411日/ベストアメニティスタジアム

 □サガン鳥栖
【選手採点】
GK
20 
権田修一 4
DF
13小林祐三 3
高橋祐治 3
キム・ミンヒョク 3
23 
吉田 豊 3
MF
36 
高橋秀人 3
福田晃斗 3(64分▼)
原川 力 3(82分▼)
FW
27 田川亨介 3
40 
小野裕二 3
趙 東建 3

交代出場
MF
25 
安 庸佑 3(64分△)
MF
14 
高橋義希 ―(82分△)

【採点理由】7分に失点を喫すると、後手に回りホームながらゲームをコントロールできず。2失点したがファインセーブを連発した権田の評価を「4」とした。他は及第点の「3」。アタッキングゾーンまでは攻め込むものの最終局面で慌ててしまう場面が多く柏を翻弄するまでは至らず敗れた。

□柏レイソル
【選手採点】
GK
桐畑和繁 3
DF
13 小池龍太 3
4 中谷進之介 3
22 パク・ジョンス 3
中山雄太 4
MF
小泉 慶 3(62分▼)
15 キム・ボギョン 4
39 亀川諒史 5 MOM
FW
18 伊東純也 4(76分▼) 
クリスティアーノ 3
19 
中川寛斗 4(84分▼)

交代出場
MF
7 大谷秀和 3(62分△)
MF
10 江坂 任 ―(76△)
FW
39 
ハモン・ロペス ―(84分△)

【採点理由】伊東とクリスティアーノのスピードに乗った連係を中心に鳥栖ゴールへ迫り勝利。クリスティアーノの正確なFKがこの日は冴えた。ドリブルで突破口を開いた伊東、先制点を挙げたキム・ボギョン、豊富な運動量で前線から鳥栖にプレッシャーをかけた中川、パワーある守備と冷静な繋ぎを見せた中山も「4」と評価。MOMは最高点「5」をつけた亀川。アグレッシブな上下動で左サイドから攻めて守備のバランスも保ち2アシストを記録。タフなプレーぶりは迫力があった。

 次ページ【名古屋 2-3 仙台】西村に最高点! 確実に起点を作るなど石原の安定したプレーも光る 

Ads

Ads