【選手採点│柏×浦和、湘南×G大阪、鳥栖×川崎】最高点「5」菊地&秋野が今日浦和戦のキーマン!鳥栖が連敗阻止するためには?

[マン・オブ・ザ・マッチ]中川寛斗(柏)

【柏1-0浦和】中川に文句なしの最高評価「5」。オリヴェイラ監督を迎え、チームの課題が改めて明白に。

[J1 10節] 柏 1-0 浦和 /2018年4月25日/三協フロンテア柏スタジアム

 □柏レイソル
【選手採点】
GK
23 中村航輔 3
DF
13 小池龍太 4
2 鎌田次郎 4(90+2分▼)
5 中山雄太 3
22 パク・ジョンス 3
MF
7 大谷秀和 3
15 キム・ボギョン 4
9 クリスティアーノ 3
18 伊東純也 3
19 中川寛斗 5(85分▼)[MOM]
FW
10 江坂 任 3(64分▼)

交代出場
MF
17 手塚康平 3(69分△)
MF 
8 小泉 慶 ―(88分△) 
DF
4 中谷進之介 ―(90+2分△)

【採点理由】この日、最も献身的に、最もアグレッシブに走り、チームを助けてゴールを決めた中川に最高点「5」をつけて、MOMに選出。小池の馬力ある上下動、キム・ボギョンの球際の強さ、鎌田のタイトな1対1の守備も評価した。チームの武器が似ている浦和に(内容的に)快勝を収めたことで、最近失いかけていた自信を取り戻せたはずだ。

□浦和レッズ
URAWA REDS
【選手採点】
GK
1 西川周作 4
DF
31 岩波拓也 3
2 マウリシオ 3
5 槙野智章 3
MF
27 橋岡大樹 2
15 長澤和輝  2
6 遠藤 航 4
3 宇賀神友弥 2(84分▼) 
10 柏木陽介  2
FW
30 興梠慎三 3
9 武藤雄樹 3(66分▼)

交代出場
MF
7 武富孝介 2(66分△)
FW
20 李 忠成 ―(78分△)
MF
38 菊池大介 ―(84分△)

【採点理由】オリヴェイラ監督初采配の一戦、前線までボールを運ぶ機会も限られた。大槻毅前体制”以前”の課題を修正できずにいる現実を露呈してしまった。遠藤は攻撃になかなか関与できなかったが、シュートブロックなど体を張った守備で貢献した点を評価。周囲へのマークが厳しく選択肢が限られたこともあったが、柏木はプレッシャーを受けた際にプレー精度が一気に落ちてしまった。

【採点基準】サカノワの選手採点は、より分かりやすく通信簿のような5段階評価を採用。評価基準は、5=とても良い、4=良い、3=及第点、2=本来の力を発揮できず、1=大きく期待外れ……。試合結果を重視して、評価にも反映しようと思います。先発メンバーと途中出場の20分以上の出場選手が対象。いつか(もしかするとすぐ!?)、「オール5」達成だ!

【次ページ】湘南 1-0 G大阪│耐えた守備陣全員に「4」以上。G大阪はオ・ジェソクが奮闘していたが…。

Ads

Ads