【横浜FM×磐田、神戸×FC東京、鳥栖×札幌】磐田4人に最高評価「5」。神戸の北本、札幌のジュリーニョも!

[マン・オブ・ザ・マッチ]田口泰士(磐田)

【横浜FM 1-3 磐田】ギレルメ以外…磐田は「4」以上!

[J1 12節] 横浜FM 1-3 磐田/2018年5月2日/日産スタジアム
 □横浜F・マリノス
YOKOHAMA F・MARINOS
【選手採点】
GK
21 飯倉大樹 2
DF
38 山田康太 2
22 中澤佑二 3
13 金井貢史 2
24 山中亮輔 3
MF
6 扇原貴宏 2(54分▼)
8 中町公祐 2(63分▼)
14 天野 純 2
11 遠藤渓太 2
25 ユン・イルロク 2
FW
16 伊藤 翔 1

交代出場
FW
7 ウーゴ・ヴィエイラ 3(54分△)
MF
19 仲川輝人 4(54分 △)
MF
5 喜田拓也 3(63分△)

【採点理由】ボールを奪われ失点に絡んだ中町、扇原、天野は減点に。伊藤は動きが重たく、ボールも収まらず苦戦を招いた。この日は扇原に必ずマンマークがつかれるなど対策を立てられた。そうした”F・マリノス封じ”を講じられると、打開できずにいるのが現状だ。そのなかで1、2節で活躍した喜田の復帰はプラス材料に。

□ジュビロ磐田
JUBILO IWATA
【選手採点】
GK
21 カミンスキー 4
DF
3 大井健太郎 4
4 新里 亮 4
6 ギレルメ 1
24 小川大貴 5
41 高橋祥平 4
MF
7 田口泰士 5[MOM]
30 山本康裕 4
11松浦拓弥 5(81分 ▼)
19 山田大記 5 (72分▼)
FW
20 川又堅碁 4(90+3分▼)

交代出場
MF
14 松本昌也 ―(72分△)
MF
13 宮崎智彦 ―(81分△)
FW
27 小川航基 ― (90+3分△)

【採点理由】暴行騒ぎを起こしたギレルメ以外はオール4以上達成。最高評価「5」もMOMの田口をはじめ、山田、小川大、松浦の計4人につけた。しっかり守備を固めての鋭利なカウンターがハマり、理想と現実の“中庸”を見出したと言える1勝に。

【次ページ】神戸0-0 FC東京│強力なタレントを抑えた両チームの守備陣を高評価。

Ads

Ads