【川崎×浦和、名古屋×C大阪、湘南×柏】高評価の浦和がオリヴェイラダービーへ。柏も巻き返しの1勝! 清武が負傷退場に…

[マン・オブ・ザ・マッチ]興梠慎三(浦和)

【川崎 0-2 浦和】橋岡、長澤、青木らが存在感を示し、勝利に導く。川崎は”一歩目”で競り負けが目立つ。

[J1 12節] 川崎 0-2 浦和/2018年5月2日/等々力陸上競技場

□川崎フロンターレ
KAWASAKI FRONTALE
【選手採点】
GK
1 チョン・ソンリョン 1 
DF
18 エウシーニョ 2
3 奈良竜樹 3
5 谷口彰吾 2
7 車屋紳太郎 2
MF
21 エドゥアルド・ネット 3(69分▼)
10 大島僚太 2
41 家長昭博 3 
8 阿部浩之 2 (52分▼)
14 中村憲剛 3(57分▼)
FW
11 小林 悠 2
交代出場
FW
37 齋藤 学 2 (52分△)
FW
4 大久保嘉人 2(57分△)
MF
25 守田英正 3 (69分△)

【採点理由】1対1で競り負け、一歩前でボールを触られるなど、球際で相手に上回られた(しかも危険なエリアで特に)。ボール支配率を高め、徐々に反撃ムードを高めるなかでのチョン・ソンリョンの退場劇は痛恨だった。スクランブルでGKを務め“無失点”に切り抜けた奈良をはじめ、及第点以上の評価を与えられる選手はいなかった。

【採点基準】サカノワの選手採点は、より分かりやすく通信簿のような5段階評価を採用。評価基準は、5=とても良い、4=良い、3=及第点、2=本来の力を発揮できず、1=大きく期待外れ……。試合結果を重視して、評価にも反映しようと思います。先発メンバーと途中出場の20分以上の出場選手が対象。いつか(もしかするとすぐ!?)、「オール5」達成だ!

□浦和レッズ
URAWA REDS
【選手採点】
GK
1 西川周作 3
DF
6 遠藤 航 4
2マウリシオ 4
5 槙野智章 4
MF
27 橋岡大樹 4
16 青木拓矢 4
15 長澤和輝 4
3 宇賀神友弥 4 
10 柏木陽介  3(65分▼)
FW
30 興梠慎三 5(79分▼)
19 アンドリュー・ナバウト 4(75分▼)

交代出場
DF
31 岩波拓也  3(65分△)
FW
11 マルティノス ―(75分△)
FW
20 李 忠成 ―(79分△)

【採点理由】八面六臂の活躍で前線から牽引した興梠に最高点「5」をつけた。さらに2トップを組んだナバウトも機能したのはチームの大きな収穫に。守備陣と中盤のほとんどの選手が「4」以上。オズワルド・オリヴェイラ体制初勝利を掴んだ。5日はアウェーで鹿島アントラーズと対戦。“オリヴェイラダービー”を制して勢いをつけたい。

【次ページ】名古屋 0-0 C大阪│気を吐いたホーシャをMOMに選出

Ads

Ads