【選手採点│FC東京×札幌、浦和×鳥栖】上位決戦は両GKに最高点「5」!鳥栖ミンヒョクをMOMに選んだが

[マン・オブ・ザ・マッチ]ク・ソンユン(札幌)

【FC東京 0-0 札幌】両守備陣を中心に高採点に。

[J1 14節] FC東京 0-0 札幌/2018年5月13日/味の素スタジアム
得点者=なし

□FC東京
F.C.TOKYO
【選手採点】
GK
33林 彰洋 5
DF
2 室屋 成 4
3 森重真人 3
48 チャン・ヒョンス 4
6 太田宏介 4
MF
39 大森晃太郎 4 (82分▼)
18 橋本拳人 3
8 髙萩洋二郎 4
38 東 慶悟 3
FW
9 ディエゴ・オリベイラ 3
11 永井謙佑 3(90+1分▼)

交代出場
FW
27 田邊草民 ―(82分△)
FW
17 富樫敬真 ―(90+1分△)

【採点理由】GK林に最高点「5」をつけ、高い集中力を見せ付けた守備陣もほぼ「4」に。ディエゴ・オリヴェイラ、永井は「3」にしたが、雨のなかでも安定した危険なプレーを連発していた。あとは結果だけがほしかった。髙萩、大森、室屋の変化をつけた積極的なアタックも光った。長谷川健太監督も「見ていて楽しかった」という見応えある一戦に。

□北海道コンサドーレ札幌
HOKKAIDO CONSADOLE SAPPORO
【選手採点】
GK
25 ク・ソンユン 5[MOM]
DF
35 進藤亮佑 4
20 キム・ミンテ 4
5 福森晃斗 4
MF
14 駒井善成 4
38 菅 大輝  3(79分▼)
9 都倉 賢  3
10 宮澤裕樹 4
8 深井一希  3 (87分 ▼)
18 チャナティップ 4
FW
48 ジェイ 3(79分▼)

交代出場
DF
32 石川直樹 ―(79分▼)
MF
32 早坂良太 ―(79分△)
MF
27 荒野拓馬 ―(87分△)

【採点理由】体を張ったディフェンスを見せた3バック、ギリギリのところでの対応が光った宮澤、ほぼミスなくプレーして攻撃をリードした駒井、広い視野を生かしてパスを展開したチャナティップに「4」をつけた。復帰したジェイもしっかり起点を作っていた。都倉にも及第点を与えたが、やはりCFのほうが生きるか……。迫力はあり、脅威は十分なだけに、二人の共存(活用法)が今後の課題となりそうだ。

 【採点基準】サカノワの選手採点は、より分かりやすく通信簿のような5段階評価を採用。評価基準は、5=とても良い、4=良い、3=及第点、2=本来の力を発揮できず、1=大きく期待外れ……。試合結果を重視して、評価にも反映しようと思います。先発メンバーと途中出場の20分以上の出場選手が対象。いつか(もしかするとすぐ!?)、「オール5」達成だ!

Ads

Ads