金メダルを懸けてU-18女子フットサル日本代表が決勝でポルトガルと対戦

U-18女子フットサル女子日本代表がスペインに勝利を収めて、決勝進出!(C)FUTSAL X

福井丸岡ラックのメンバー中心に、ユース五輪決勝に挑む!

[ユース五輪決勝] U-18日本女子 – U-18ポルトガル女子/Main Futsal Hall/ブエノスアイレス(アルゼンチン

 第3回ユースオリンピック決勝のU-18日本女子代表対U-18ポルトガル女子代表が、10月17日(日本時間未明)にアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで行われる。

 日本は15日の準決勝でスペイン女子代表に3-2の逆転勝利。フットサルが同大会で競技化されて初めて銀メダル以上を確定させた。

 スペイン戦での日本は0-1とリードされて迎えた後半の立ち上がり、前田海羽が同点ゴールを決める。さらに5分にはFP荒井一花が続いてシュートをねじ込み逆転に成功する。

 その後もスペインの反撃に上手く対応しながら13分、追野沙羅がミドルシュートを突き刺し、3-1とリードを広げた。

 残り7分以上あるなか、スペインが開始したパワープレーに苦しめられた日本だが、福井丸岡ラックのFP4人で耐える。1点を返されたものの、タイムアウトを取ったあと、最後尾でボールをつないで時間を使い、3-2の勝利を収めた。

 日本は銀メダル以上が決定。17日の現地時間18時からの決勝では、今大会唯一の黒星を喫しているポルトガルと再び対戦する。

 準決勝のメンバーは次の通り。

▽スターティングメンバー
GK 須藤優理亜
FP  横山凜花、池内天紀、前田海羽、山川里佳子

▽サブメンバー
GK 小林望月
FP 宮本麻衣、追野沙羅、荒井一花、安部美楽乃

記事提供:フットサルの情報は「FUTSAL X」で!

Ads

Ads