久保建英が圧巻FK弾、伊藤洋輝、安部裕葵も決めた!U-19日本代表が5-2で北朝鮮に勝利

U-19日本代表対U-19北朝鮮戦、伊藤が強烈なミドルを決めた!(C)AFC

斉藤光毅の先制ゴールで勢いを付けたが、一時は同点に…。

[U-19アジア選手権] U-19日本代表 5-2 U-19北朝鮮代表/2018年10月19日/パカンサリ(インドネシア)

 来年のポーランドU-20ワールドカップのアジア最終予選となるU-19アジア選手権。日本は北朝鮮との初戦、久保建英の1得点1アシストの活躍と、斉藤光毅、伊藤洋輝、宮代大聖、安部裕葵のゴールで5-2の勝利を収めた。一時は同点に追いつかれたものの、最後は総合力の差を見せ付けて勝点3を獲得する幸先よいスタートを切った。

 試合開始からテンポよくパスをつないだ日本は開始8分、2トップの位置から少し下りた久保建英のスルーパスを斉藤光毅が合わせて先制に成功する。さらに19分、伊藤洋輝がペナルティエリア外から左ミドルをねじ込み2点目を追加する。

 このまま日本が快勝スタートを切るかと思われたが、36分、北朝鮮の最初のチャンスで左サイドから崩され1失点。さらに41分、混戦から瀬古歩夢が相手を後ろから押してPKを与え、これを決められ2-2の同点とされる。

 後半の立ち上がりは一進一退の攻防が続く。郷家友太のシュートがポストを叩けば、何本か嫌な位置からFKを与えるもののGK谷晃生が好セーブを見せる。

 迎えた65分、この試合の主役は俺だとばかりに、約25メートルの直接FKを久保が左足でねじ込み、日本が3-2と勝ち越しに成功!

 その後も激しい攻防が続いたが、日本は宮代大聖、安部裕葵、三國ケネディエブスを投入。前線からのプレスを強めて北朝鮮のフィジカル重視のアタックを食い止め、相手に退場者も出て、宮代大聖、安部裕葵も得点を追加。最後は5-2で勝利を収めた。

 初戦に貴重な勝点3を獲得した。同組のイラク対タイは3-3で引き分けている。

 日本は22日、タイと今回と同じパカンサリスタジアムで対戦する。グループステージを2位以内で通過し、そのあとの準々決勝で勝てば(上位4チーム)、来年ポーランドで開催されるU-20ワールドカップの出場権を獲得する。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads