北朝鮮一発退場!「胸踏まれました」郷家友太は冷静に振る舞ったが大丈夫なのか?

U-19北朝鮮戦でフル出場したU-19日本代表の郷家友太。(C)AFC

U-19日本代表の大勝を支え、宮代大聖のゴールを引き出す。

[U-19アジア選手権] U-19日本代表 5-2 U-19北朝鮮代表/2018年10月19日/パカンサリ(インドネシア)

 U-19日本代表の郷家友太は10月19日の北朝鮮戦で4-4-2の右MFとして先発し、ポストを叩くシュートなど2本の決定機を逃したものの、ファーストブレイクから宮代大聖の4点目をアシストするなどチームに推進力をもたらし続けた。

 2-2で迎えた後半開始直後の48分、中央にえぐって放ったシュートはポストを叩いてモノにできず。さらに55分にも伊藤洋輝のパスにゴール正面で合わせたが、枠を捉え切れなかった。

「びっくりして慌ててしまったところはありました。ただ、まだグループステージ2試合あるので、決められればと思います」

 郷家は苦笑いを浮かべた。

 前半の早い段階で幸先よく2ゴールを先取できた。ただ郷家はサイドでボールを受けて相手を引き付けようとしたものの、味方との距離も空いてしまい、なかなか上手くいかなかった。ただ、その間にヒントを見出していた。

「前半プレーしながら中が空いているのに気付いて、後半は自分が中に入って、そのスペースでプレーすることを心掛けた結果、ボールにたくさん触れてチャンスにも多くかかわれました」

 自身のゴールはならなかった。ただ宮代のゴールの起点となるなど、多くの決定的に関与できたことは、今後の戦いに向けたポジティブな材料になったと言える。

 また試合終盤の81分、北朝鮮のシン・クァンソクが暴力行為により一発レッドカードで退場処分を受ける。倒れ込んでいた郷家が踏まれたのだ。ただ、ある意味、そういった展開も郷家をはじめ日本の選手たちにとっては想定内と言えた。

「相手がヒートアップしても、それに付き合わないように、僕らは自分たちのサッカーをできました。相手が慌ててファールをしてきても、冷静に対応した結果、あっちもバタバタしていたところで、胸を踏まれた感じになりました。僕たちは落ち着いてやれました」

 スパイクで胸を踏まれたとあっては心配だが……。

「大丈夫です。問題ないです」と、郷家はあくまでも冷静だった。

「一人少なくなって、自分たちの時間も作れたので、やはり退場者が出たのは大きかったと思います(そのあとに2ゴールが決まった)。あとは結果。チームの結果は今回ついてきたので、もちろん、まずチームでできることを考えながら、さらに個人の結果も求めていきたいと思います」

 郷家は大勝劇の中で見えた課題と向き合いながら、22日のタイ戦に向けて、気持ちを切り替えていた。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads