北朝鮮戦大勝…しかしFW田川亨介は悔しさを噛み締めゴールを渇望した

北朝鮮戦、空中戦で競り合うU-19日本代表の田川亨介。(C)AFC

激しい消耗戦の末に交代。ただ「次はゴールがほしい」とストライカーの血が騒ぎだす。

[U-19アジア選手権] U-19日本代表 – U-19タイ代表/2018年10月22日/パカンサリ(インドネシア)

 U-19日本代表のFW田川亨介(サガン鳥栖)は、10月19日のU-19アジア選手権の初戦・北朝鮮戦で久保建英(横浜F・マリノス)と2トップを組み先発した。素早い動き出しからラインブレイクするなど前線の突破口を切り開き、2ゴールを奪取する立ち上がりの猛攻を牽引した。ただ、相手とのフィジカル的な激しい消耗戦を繰り広げ、63分に宮代大聖(川崎ユース)と交代に。自身はゴールを奪うことができなかった。

 相手に退場者が出たこともあるが、結果的に日本が5ゴールを決めた。もちろん難しい初戦を勝利で飾れたことは嬉しい。とはいえ田川は少なからず悔しさも募らせていた。

「前半から相手も引いていて、なかなかチャンスも作れなかったです。まずチームの勝利が一番ですし、勝てたことで次につなげらたことが一番の収穫です。個人的にも、次こそゴールを決めたいです」

 ときには複数人のDFをマークに引き出すなど、田川がいたことで、アジリティに長ける久保や斉藤光毅(横浜FC)の特長も引き出せた。とはいえ、やはりストライカーだ。むしろゴールラッシュに触発され、その点取り屋の血がさらに騒いだようだ。

「後半に入り体も乗ってきて、もう少しで行けるかなと思っていただけに、(早い時間帯での交代に)悔しさもあります。前半からもっともっと要求していければと思いました。アジアの相手はまず引いてくるので、そこでどのように自分を生かすのか。それに相手が間延びしてくれば、早い段階で隙を突いて狙っていきたいです」

 真っ向勝負の国際大会の舞台だ。独特の雰囲気がある初戦のピッチに立ったことで、収穫と課題を掴むことができた。チャンスメイクも大事だ。ただ最初の選択肢はまずシュート(=ゴール)であるべきだとも認識した。そういった意味では、日本のキーマンに挙げられる。22日のグループステージ2節のタイ戦以降、田川にゴールが生まれれば、チームはさらに勢いに乗れるはずだ。

取材・文:塚越始                
text by Hajime TSUKAKOSHI

Posted by 塚越始

Ads

Ads