明日タイ戦、日本勝てば8強決定。久保建英2戦連続ゴールなるか

タイ戦前日に練習するU-19日本代表の(左から)安部、久保、宮代、伊藤。(C)SAKANOWA

U-19アジア選手権グループステージは中2日で3連戦。若干のターンオーバーも?

[U-19アジア選手権 GS2節] U-19日本代表 – U-19タイ代表/2018年10月22日/パカンサリ(インドネシア)

 U-19日本代表が10月22日、U-19アジア選手権グループステージ2節でU-19タイ代表と対戦する。試合前日の夕方にチビノンのスタジアムで練習を行い(冒頭のみメディアに公開)、選手の威勢の良い声も響くなか戦術の確認と浸透を進めたようだ。日本は勝てばベスト8進出が決定する。

 北朝鮮との初戦は、斉藤光毅(横浜FC)、伊藤洋輝(磐田)久保建英(横浜FM)、宮代大聖(川崎ユース)、安部裕葵(鹿島)の5ゴールで5-2の大勝を収め、グループ1位に立った。一方のタイは初戦でタイと3-3で引き分けており、グループ突破を図る2位以内に入るためにも、勝点3を狙ってきそうだ。 

 日本の影山雅永監督は「(北朝鮮戦は)2点を取ったあとに自ら苦しい展開にして、2失点したのは課題。ただ楽な試合は一つもない。高い授業料を払ったと思い、次のタイ戦に生かしていければと思います」と語った。

 前日練習の様子について、「試合に出場した、しないによって疲労度は異なります。試合直後からスタッフがエネルギーの回復に努め、今日のトレーニングは全員一緒にやりました。時間は短いですが、大切な1セッション。そこはチームとしてのトレーニングを行いました」と説明していた。

 また、指揮官は昨年からタイをチェックしてきたという。これまであまりシステムや選手は固定しておらず、試合が始まるまで陣容は読めなさそうだと言った。

「昨年は4-3-3、私たちとの試合は5-4-1。夏に見たときは3-4-3でやっていましたが、2日前(イラク戦/△3-3)は3-5-2でした。チームは生き物なので、選手の状態や選考の仕方によって、最善の策を考えていると思うし、それは我々も同じこと。タイというチームを理解して、勝点3を獲るために努力したいです」

 グループステージは中2日で、北朝鮮、タイ、イラクと対戦する。そのあとの準々決勝で勝つと(上位4チーム)、来年ポーランドで開催されるU-20ワールドカップの出場権を獲得できる。連戦のため、日本はタイ戦である程度、選手を入れ替えて臨むことも考えられる。

 日本は前回2016年のU-19アジ選手権、A代表に選ばれた堂安律や冨安健洋、現U-21日本代表の板倉滉らを擁して初優勝を果たしている。

取材・文:塚越始                
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads