【タイ戦スタメン発表】青森山田高195センチCB抜擢!久保建英はベンチスタート

前線は北朝鮮戦に続いて流動的だ。(C)SAKANOWA

勝てば1位突破確定。齊藤未月、安部裕葵、石原広教、宮代大聖も初先発。

[U-19アジア選手権 GS2節] U-19日本代表 – U-19タイ代表/2018年10月22日/パカンサリスタジアム(インドネシア)

 インドネシアU-19アジア選手権のグループステージ2節タイ戦に臨むU-19日本代表のスターティングメンバ―が発表された。日本はこの試合で勝てば、グループ1位突破による準々決勝進出が確定する。

 日本は初戦の北朝鮮戦から先発5人を入れ替えた。最大の注目は三國ケネディエブス。青森山田高3年生で来季のアビスパ福岡への加入が内定している、このチームで最も長身の195センチのセンターバックだ。橋岡大樹(浦和)とセンターバックコンビを組むことになりそうだ。もしかすると3バックの採用もありうる。

 また湘南ベルマーレの齊藤未月と石原広教、鹿島アントラーズの安部裕葵、川崎フロンターレユースの宮代大聖も初めて先発に名を連ねた。J1クラブで主力を務める齊藤と安部が、果たしてどのように周囲の特長を引き出しながら、自らも生きるのか注目される。

 前線4人のポジションは今回も流動的だ。宮代か斉藤がやや下がり目の4-2-3-1を採用することもあり得るか。北朝鮮戦で先制点を決めた斉藤、ミドルを叩き込んだ伊藤と安部、テクニカルなドリブルから決めた宮代には2試合連続ゴールが期待される。また、北朝鮮戦で鮮烈のFKを決めた久保建英(横浜F・マリノス)はベンチスタートとなっている。

 現地時間の19時、日本時間の21時試合開始。

U-19日本代表のタイ戦での先発メンバーは次の通り。
GK
12谷晃生(G大阪) 
DF
17石原広教(湘南)
2東 俊希(広島) 
4橋岡大樹(浦和) 
22三國ケネディエブス(青森山田高) 
MF
6齊藤未月(湘南)
7伊藤洋輝(磐田) 
10安部裕葵(鹿島)
14郷家友太(神戸) 
FW
8斉藤光毅(横浜FC)
20宮代大聖(川崎ユース) 

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads