川崎新鋭18歳アタッカー2ゴール! 日本が3点先取も1点返され…

U-18日本代表対U-19タイ代表戦。2ゴールを決めた宮代大聖(右)。(C)AFC

U-19アジア選手権、斉藤光毅が2試合連続ゴール。

[U-19アジア選手権 GS2節] U-19日本代表 – U-19タイ代表/2018年10月22日/パカンサリスタジアム(インドネシア)

 インドネシアU-19アジア選手権のグループステージ2節・タイ戦、日本は宮代大聖(川崎U-18)、斉藤光毅(横浜FC)の2試合連続ゴールで、3-0とリードして後半に突入した。

 日本は第1戦に続いて4-4-2でスタート。序盤はタイの5バックを攻めあぐねたが、27分に左サイドを切り崩した安部裕葵(鹿島)のクロスを宮代が押し込み先制に成功する。さらに42分、斉藤がカットインからシュートを突き刺し、追加点を奪う。さらに相手が気落ちしたところを見逃さず、44分、宮代が直接FKを決めて、3-0とリードを広げた。

 日本は後半開始から、ボランチを伊藤から山田康太(横浜F・マリノス)に交代している。

 しかし日本は54分にタイに1点を返され、リードは2点となっている。

U-19日本代表のタイ戦のメンバーは次の通り。
GK
12谷晃生(G大阪) 
DF
17石原広教(湘南)
2東 俊希(広島) 
4橋岡大樹(浦和) 
22三國ケネディエブス(青森山田高) 
MF
6齊藤未月(湘南)
7伊藤洋輝(磐田) →HT 19山田康太(横浜FM)
10安部裕葵(鹿島)
14郷家友太(神戸) 
FW
8斉藤光毅(横浜FC)
20宮代大聖(川崎ユース) 

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads