U-19日本代表が決戦の地、ジャカルタで初練習

決戦の地、インドネシアの首都ジャカルタで初練習を行ったU-19日本代表。(C)SAKANOWA

イラク戦に参戦しなかったメンバー中心に、体を追い込む。

[U-19アジア選手権 準々決勝] 日本 – インドネシア/2018年10月28日/ゲロラ・ブン・カルノ・スタジアム/ジャカルタ

 U-19日本代表が準々決勝の決戦の地、インドネシアの首都ジャカルタでトレーニングを行った。28日の準々決勝、日本が勝てば来年のポーランドU-20ワールドカップの出場権を獲得できる。しかも対戦相手はホスト国のインドネシア。7万6000人収容のゲロラ・ブン・カルノ・スタジアムが同国のチームカラーの赤一色に染まる完全アウェー状態になりそうだ。

 この日夕方からのトレーニングには、イラク戦に出場しなかった安部裕葵(鹿島)、橋岡大樹(浦和)、1、2試合連続ゴールの宮代大聖(川崎ユース)らと、イラク戦に途中出場した菅原由勢(名古屋)が参加。

 スペースを突くことを求めたパス練習、一度心肺能力を高めるための攻守の切り替えを繰り返す練習など、短時間ながら追い込むメニューが組まれた。また、最後はPKの練習にも取り組んだ。

 秋葉忠宏コーチもパス練習に参加。「秋葉さん、秋葉さん!」と宮代からリターンパスを要求されると、すぐさま反応し辛うじてワンタッチで正確に返していた。

 日本は27日に前日練習を行い、28日に準々決勝に臨む。勝てばU-20W杯の出場権獲得、負ければ敗退――。この大会では、ある意味、決勝戦よりも重要と言える位置づけで、まさに「決戦」となる。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads