【U-19日本代表】久保建英が運命のインドネシア戦へ決意「勝つしかない」

イラク戦で滝裕太(16番)の先制点を喜ぶ久保建英(9番)。(C)AFC

勝てばU-20W杯の出場権を獲得。「試合前から自分たちで『厳しい戦い』にしてはいけない」とも強調する。

[U-19アジア選手権 準々決勝] 日本 – インドネシア/2018年10月28日/ゲロラ・ブン・カルノ・スタジアム/ジャカルタ

 U-19日本代表のMF久保建英(横浜F・マリノス)が10月27日、翌日のU-19アジア選手権・準々決勝のインドネシア戦に向けて決意を語った。

 日本はグループステージを3連勝で突破しており、久保は3試合すべてで出場。第1戦の北朝鮮戦(〇5-2)では2トップで先発して斉藤光毅(横浜FC)の先制点をアシスト、さらに驚愕の決勝FKを叩き込んでみせた。第2戦のタイ戦は終盤に最後のカードで右MFとして途中出場し、試合を引き締めた。

 そして第3戦のイラク戦(〇5-0)では再び先発。滝裕太のゴールを先制点をアシストし、荻原拓也(浦和)のクロスをスルーして田川亨介(鳥栖)の2点目も演出。その後のゴールラッシュにも絡んだ。

 これまでのチームの戦いぶりについて、久保は次のように語った。

「影山監督も『完成品はない』と言っていますが、試合を重ねるごとに、その中でも詰めるべきところは詰めることができています。(インドネシ戦は)4試合目になりますが、決定戦とかそういうことを考えすぎず、毎試合、次へステップアップしていけるように、成熟した連係を目指していきます」

 そのように内容と結果にこだわることを強調した。最大収容7万7千人のスタジアムは超満員で埋まることが予想される。大会事務局は6万5000枚のチケットを用意したそうで、すでに売り切れたとの情報も伝えられている。まさに完全アウェーの状態だ。

「自分は今年のプレシーズンで一回このスタジアムでプレーして(FC東京のインドネシア遠征)、雰囲気は知っているつもりでいます。このチーム(U-19日本代表)としてもインドネシア代表と3月に試合をしているので、情報を共有できれば、行けるかなと思っています。相手のホームなので、街中を歩いていても、ユニフォームを着ている人が多くてサッカー熱を感じています」

 そのようにインドネシアの最大の熱気のなかでこそ、久保も、チームも、持ち味を出し切りたいと抱負を語る。

「試合前から自分たちで『厳しい戦い』にしないことが重要かなと思っています。気を引き締めるのは大切ですが、逆に自分たちのプレーを出せなくなっては意味がありません。リラックスしながらも集中して、試合を運びたいと思っています」

 前線のアタッカー陣は全員が好調で、この準々決勝に向けて、コンディションを上げてきた。影山監督も「本当にみんなが準々決勝にしっかり合わせ、いいパフォーマンスを見せてくれている。嬉しい悲鳴だ」と語っていたほど。チーム戦術の中で、何を優先するかでFWと攻撃的MF、さらにボランチの顔触れは変わってきそうだ。果たして久保の先発はあるか。

「勝つしかないので、しっかり結果を残し、試合が終わったときにはみんなで笑っていられるように。チーム一丸となって戦いたいと思います」

 ピッチに立てば、必ず何かを起こす日本の脅威の存在となっている。17歳の久保はそのように改めて決意を示した。

 U-20アジア選手権の準々決勝の日本対インドネシア戦は10月28日、現地時間19時30分、日本時間の21時30分開始。勝ってベスト4に進めば、来年ポーランドで開催されるU-20ワールドカップの出場権(アジア4枠)を獲得できる。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads