【U-19日本代表スタメン発表】2トップは久保建英&宮代大聖、右SHに藤本寛也を抜擢か

藤本が右MFで起用か。(C)SAKANOWA

U-19アジア選手権準々決勝、インドネシアに勝てばU-20W杯出場権を獲得。

[U-19アジア選手権準々決勝] 日本 – インドネシア/2018年10月28日現地19:30(日本時間21:30)/パゲロラ・ブン・カルノ・スタジアム(ジャカルタ)

 U-19日本代表の準々決勝インドネシア戦に臨むスターティングメンバーが発表された。11人は以下の通り。

GK
谷晃生(G大阪)
DF
菅原由勢(名古屋U-18)
小林友希(神戸U-18)
橋岡大樹(浦和)
東俊希(広島ユース)
MF
齊藤未月(湘南)
伊藤洋輝(磐田)
藤本寛也(東京V)
安部裕葵(鹿島)
FW
久保建英(横浜FM)
宮代大聖(川崎U-18)

 Jリーグで主力を務める、安部、橋岡、藤本、齊藤がいずれもスタメンに名を連ねた。

 システムは過去3戦と同じく4-4-2が採用される見込み。守備面で後手を踏むなどやや課題を残してきた右MFには、ボランチが主戦場の藤本が抜擢されそうだ。もしかすると、試合の流れや相手の出方に応じて、3ボランチ+3トップもあり得そうだ。

 最前線は17歳の久保、18歳の宮代という若い2トップが組む。宮代には出場3試合連続ゴールの期待がかかる。また、これまで3試合連続ゴールと勢いに残る齊藤光毅(横浜FC)はベンチスタートとなった。

 また最終ラインで橋岡とセンターバックを組むパートナーは、イラク戦で体を張った守備を見せていた小林が起用されている。

 来年のポーランドU-20ワールドカップのアジア(AFC)の出場権は4枠。この準々決勝を勝ったチームに出場権が与えられる。

 インドネシアにとっては、勝てば初のU-20W杯出場。首都対決は6万5000枚のチケットが完売されたと言われ、スタジアム周辺はインドネシアを応援する赤一色。日本の選手たちもこれまで経験したことのない未知なる世界で、どのようなパフォーマンスを見せてくれるのか――。キックオフは現地時間の19:30、日本時間の21:30だ。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads