スーパーミドル炸裂!東俊希の左足一閃、U-19日本代表が先制

インドネシア戦で先制に成功! 橋岡大樹がベンチのメンバーと歓喜。(C)AFC

U-20W杯へあと1勝。完全アウェーの熱気のなか、日本が1-0とリード――。

[U-19アジア選手権準々決勝] 日本 – インドネシア/2018年10月28日/ゲロラ・ブン・カルノ・スタジアム(ジャカルタ)

 勝てば来年のU-20ワールドカップ(W杯)の出場権を獲得できるU-19日本代表対U-19インドネシア代表の一戦は、40分、左サイドバックの東俊希(サンフレッチェ広島)がスーパーミドルを突き刺し、日本が先制に成功した。日本の1点リードのまま、後半に突入している。

 スタジアムは超満員で会場の外にも人が溢れ返るほど。まさにアウェー一色の雰囲気に包まれるなか、日本はこれまで3試合と同様4-4-2でスタート。しかし開始15分に右MFに抜擢された藤本寛也(東京ヴェルディ)がアクシデントにより斉藤光毅と交代に。

 それでも日本が主導権を握り、敵陣で試合を進める時間が長くなる。なかなかシュートまで持ち込めずにいたが、40分、伊藤洋輝(ジュビロ磐田)が右サイドバックの菅原由勢(名古屋グランパス)とのパス交換から、左サイドへ展開。相手がゴール前を固めるなか、東はペナルティエリア外から狙い澄まして左足を一閃! ボールは糸を引くようにゴールネットに突き刺さり、日本が均衡を破ることに成功した。

 それでもインドネシアもカウンターのスピードと破壊力はあり、何度か日本ゴールを脅かしている。雨も降り出したなか、試合は後半へ突入している。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads