【U-19日本代表】準決勝サウジ戦0-2で後半へ。久保建英と宮代大聖を投入

U-19アジア選手権、日本はサウジアラビアに前半2失点…(16番は滝裕太)。(C)AFC

U-19アジア選手権、3バックへの布陣変更が完全に裏目。ノーチャンスで折り返す。

[U-19アジア選手権 準決勝] 日本 – サウジアラビア/2018年11月1日/パカンサリスタジアム(インドネシア)

 U-19日本代表がU-19アジア選手権・準決勝のサウジアラビア戦、前半0-2で折り返した。

 10月28日の準々決勝のインドネシア戦(〇2-0)で勝利を収めてU-20ワールドカップ(W杯)の出場権を獲得した日本は、この一戦、先発9人を入れ替えて臨んだ。橋岡大樹(浦和)、伊藤洋輝(磐田)と最終ラインと中盤の要を残し、あとはグループステージ3節のイラク戦(〇5-0)に臨んだ選手たちに。

 日本は今大会初めて3バックを採用。3-4-3とも5-4-1とも言える守備的布陣で、サウジアラビアに対抗。しかし完全に裏目に出た。

 その5バックの前のスペースを相手に上手く活用されてしまう。日本がボールを持ったとしても、前線にいる人数が限られて、ボールを収められず、どんどんバランスが後ろに傾く悪循環に陥った。

 すると29分、カウンターからトゥルキ・アランマーのシュートをねじ込まれ先制点を与えてしまう。その後も主導権を握られ、前半アディショナルタイムにカウンターからアル・ガーラムに決められて0-2とリードを広げられてしまう。

 日本は後半開始、田川亨介(鳥栖)から久保建英(横浜FM)、三國ケネディエブス(青森山田高)から宮代大聖に交代し、反撃態勢を整えた。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads