【日程&展望】大混戦J2は上位4チーム「勝点3差」で残り2節へ

松本は前田の負傷からの復帰後、調子を取り戻してきた。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

可能性は低い? 次節、首位再浮上の松本がJ1復帰を決める条件は…。

 J2リーグは11月4日の40節、J1昇格を争う上位陣が直接対決し明暗を分けた。首位の大分トリニータは4位の横浜FCにホームで1-3と逆転負けを喫し、一方、2位の松本山雅FCがオウンゴールによる1点を守り切って5位の東京ヴェルディに勝利。この結果、勝点73の松本が大分に1差をつけて再び1位に立った。

 また、3位のFC町田ゼルビアはアウェーで6位のアビスパ福岡に、こちらも逆転で2-1の勝利を収めて、3位のままだが大分と勝点で並んだ。

 改めて上位陣の順位と今後の日程を整理しよう。

□J2・順位表(40節終了時)
1位 松本/勝点73/20勝13分7敗/53得点34失点/得失差+19 
2位 大分/勝点72/22勝6分12敗/73得点49失点/得失差+24 
─△△J1自動昇格圏─
3位 町田/勝点72/20勝12分8敗/59得点43失点/得失差+16 
4位 横浜FC/勝点70/19勝13分8敗/60得点43失点/得失差+17
5位 東京V/勝点67/18勝13分9敗/54得点40失点/得失差+14
6位   福岡/勝点66/18勝12分10敗/57得点42失点/得失差+15
―△△J1・J2入れ替え戦圏内―
7位 大宮/勝点65/19勝8分13敗/62得点47失点/得失差+15

□今後の対戦スケジュール 
    41節 42節
松本 栃木/A 徳島/H 
大分 金沢/H 山形/A 
町田 愛媛/A 東京V/H 
横浜FC 岡山/H 甲府/A 
東京V 讃岐/H 町田/A 
福岡 熊本/H 岐阜/A
大宮 山形/H 岡山/A

 事実上、自動昇格圏の2位以内を巡る争いは、4位の横浜FCまでに絞られたと見ていいようだ。松本が次節勝利し、2~4位のうち2チームが敗れる、または1チームが敗れて横浜FC引き分け以下で、3年ぶりのJ1昇格が決まる。ただ、対戦相手や現在のチームの勢いを考えると、その可能性は低いと言えそうだ。

 首位に立つ松本が優位であるのは確かだが、粘り強さのある栃木、さらに最終節はホームで最近絶不調とはいえ”一発”のある徳島が相手を残す。大分もいずれも昇格プレーオフ圏の望みも絶えた2チームとの対戦。最後まで気の抜けないギリギリの戦いが続く。

 3位以下のチームは、さらに厳しい戦いが待つ。町田と東京Vはなんと最終節で直接対決のダービーが組まれている。そして横浜FCは岡山、甲府と力のあるチームとの対戦を残している。

 痺れるラスト2試合。最終節に出場停止の選手が出ないかどうかも重要なポイントになってきそうだ。果たして、どのような結末が待っているのか――。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads