【J2】松本山雅の今節J1昇格決定はなし。一転、4位転落の可能性も

大分トリニータもJ1昇格へ王手!(C)SAKANOWA

松本を追随する大分、横浜FCが揃って先に勝利。

 J2リーグは11月10日に41試合4試合が行われ、大分トリニータ(勝点75)がツエーゲン金沢(勝点52)に2-1で競り勝ち暫定1位に浮上、さらに横浜FC(勝点73)も勝利を収めて勝点は松本と並ぶ暫定2位タイとした。

 11日にはJ2の残り試合が行われ、松本山雅FC(勝点73)は栃木SC(勝点49)、FC町田ゼルビア(勝点72)は愛媛FC(勝点48)と、いずれもアウェーで対戦する。

 大分と横浜FCが勝利を収めたことで、松本の今節でのJ1昇格決定はなくなった。勝点3を積み上げても、最終節で2チームに追い付かれる、または逆転される可能性があるため。

 一方、大分は得失点差を考えると、次節、勝利を収めれば自力でのJ1復帰を果たせそうだ。

 前節・首位の松本は栃木に勝てば、もちろん1位キープ。しかし、もしも負けると、町田の結果によっては一気に4位にまで転落してしまう。まさに一寸先は闇だ。

 17日の最終節に、優勝、昇格、プレーオフ出場圏獲得、すべてが決まる。

 まずは11日の松本と町田の戦いに注目だ。

□今後の対戦スケジュール 
    41節   42節(17日14時開始) 
松本 栃木/(11日)A 徳島/H 
大分 金沢/(〇2-1)H 山形/A 
町田 愛媛/(11日)A       東京V/H 
横浜FC 岡山/(〇2-1)H 甲府/A 
東京V 讃岐/H(11日)     町田/A 
福岡 熊本/H(11日) 岐阜/A
大宮 山形/H(〇2-1) 岡山/A

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads