「捕まえてごらん」ポドルスキが警視庁のパトカーを挑発!?

キム・スンギュ(右)と談笑するルーカス・ポドルスキ(10番)。(C)SAKANOWA

東京滞在の最後の”幻想的”とも言える一枚をSNSでアップ。

 ヴィッセル神戸のFWルーカス・ポドルスキが、この11月の国際Aマッチ期間のオフを活用して東京を訪れていた。本人がその様子をSNSのツイッター(@Podolski10)、インスタグラム(@poldi_official)で伝えている。

 そして、東京滞在の締め括りとして、渋谷での一枚をアップ。渋谷駅のガード近くで黄昏れながら空を見上げてポーズをとるポルディの背後には、なんと警視庁のパトカーが写り込んでいる。

 そのモノトーンのパトカーを含めて、むしろ幻想的とも言える絵に仕上がった”記念の写真”をポドルスキ―はSNSで紹介(「映画みたい」というコメントも)。「Catch me if you can(捕まえてごらん、もしもできるなら」とかわいらしい絵文字もまじえて一言つづっている。

 さらにそのあとには、神戸に戻ったあとの小学校を訪問したときの様子も紹介している。各地を飛び回り、いろいろな形で英気を養っているようだ。

 神戸の10番をつけるポドルスキは今季、キャプテンを任されて22試合5ゴールを記録。先日の30節・名古屋戦(〇2-1)ではアンドレス・イニエスタとの連係も冴えて2ゴールを決めて、アン・マヌエル・リージョ体制下でリーグ初の白星も収め、改めて存在感を示した。さらに、もうひと暴れして、J1残留を確定させたいところだ。

 神戸は11月24日の33節にアウェーで清水エスパルスと、そして12月1日の最終節にホームでベガルタ仙台と対戦する。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads