湘南の梅崎先制弾! 主力4人不在の浦和は森脇、岩波、茂木の3バックでスタート

浦和レッズの阿部勇樹。写真:徳原隆元・(C)Takamoto TOKUHARA

阿部がアンカー的に。

[J1 33節] 湘南 – 浦和/2018年11月24日/Shonan BMWスタジアム平塚

 湘南ベルマーレ対浦和レッズの一戦、主力4人欠場の浦和は3-4-2-1の布陣でスタート。GKは西川周作、右から3バックは森脇良太、岩波拓也、茂木力也、ウイングバックは橋岡大樹、宇賀神友弥、ボランチは阿部勇樹(アンカー的)、武富孝介(二列目を兼務)、シャドーは長澤和輝、武藤雄樹、センターフォワードは興梠慎三。

 一方、湘南も3-4-2-1を採用するいわゆるミラーゲームに。GKは秋元陽太、右から3バックは山根視来、坂圭祐、大野和成、ウイングバックが石原広教、杉岡大暉、ボランチが齊藤未月、石川俊輝、シャドーが菊地俊介、梅崎司、センターフォワードが山﨑凌吾。

 柏木陽介が出場停止で、青木拓矢とマウリシオが負傷明け、さらに槙野智章も日本代表のキルギス戦での脳震とうによる回復プログラムにより欠場に。そのなかでも、立ち上がりから浦和がボールを支配し、武富が左サイドに開いて起点を作るなどピッチを広く使って攻め込んでいる。ただ湘南も中央をしっかり固めて守りながら対抗。曺貴裁監督が菊地らに作戦ボードを使って説明するなど、さっそく修正を図っている。

 迎えた20分、カウンターから抜け出した湘南の梅崎が森脇を振り切り、最後はトゥーキックで西川の牙城を崩して先制点を決めた。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads