日本代表で唯一出番なかった東口順昭は悔しさも「経験」にして成長を誓う

日本代表でのGK東口順相。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

11月シリーズ唯一ピッチに立てず「しっかりアピールしなければ」。自身への要求を高める。

 日本代表のキリンチャレンジカップ11月シリーズ(16日ベネズエラ戦/△1-1/大分、20日キルギス戦/〇4-0/豊田)で唯一出場機会を得られなかったのが、ゴールキーパーの東口順昭(ガンバ大阪)だった。

 9月からの3か月連続での日本代表シリーズでは、東口、権田修一(サガン鳥栖)、シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)の3人が、いずれも招集されてきた。そして今回のベネズエラ戦でシュミットがA代表デビューを果たし、そしてキルギス戦では権田がフル出場した。

 もちろん招集されたのだから、ピッチに立つために準備を進めてきた。それだけに、悔しさは募らせる。それでも東口は森保一監督の意図を汲み取り、その悔しい想いをした「経験」をも成長の糧にしようとしていた。

 キルギス戦のあと、彼は「自分のストロングポイントが通用するのかどうか、改めて課題であり、(ベネズエラ戦での)失点の場面を含めて、そういったところを見ることができたのは大きかったです」とベンチから見守った2試合を振り返った。

 同時に、東口は自分自身への要求も高めていた。

「キーパーに求められている足下の技術はもちろん、すべて高いレベルでしっかり(Jリーグの)試合でアピールできないと、なかなか出番が回ってこないと思います。キーパーに求められているハードルは上がってきていて、さらに難しくなってくるとは思いますが、そのなかで自分も成長していければと思います」

 そのためには、もちろんのことではあるが、改めてG大阪でのパフォーマンスが大切になる。宮本恒靖監督のもとで要求されていることは、基本的には森保監督のものと共通している。

「成長し続けてたいです。ガンバでもっとしっかりと、求められていることができれば、代表でもそのまま生かせていけます。一つひとつの精度を上げていきたいです」

 G大阪の勝てない時期も、そして快進撃も、最後方で支えてきた。スポットライトを浴びる機会の少ないポジションだが、常に前向きで、かつ向上心に溢れている。

 日本代表での様々な経験をチームに還元する役目も担ってきた。そんな守護神がいてこそのG大阪の21年ぶりの9連勝であることも、確かに頷ける。

 東口の3試合連続出場、そして10連勝なるか。12月1日の最終節はアウェーで柏レイソルと対戦する。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads