岩間雄大、岡本知剛、安川有…J1復帰の松本山雅”実力派”3人が戦力外に

松本山雅を支えた岩間が退団に。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

一つの時代を支えた岩間。5シーズン、すべて30試合に出場。

 松本山雅FCは11月30日、岩間雄大、岡本知剛、安川有の3選手が契約満了に伴い今季限りで退団すると発表した。

 岩間は松本での5年間、常に30試合以上に出場。J1とJ2で通算181試合に出場していた。

 また、世代別の日本代表にコンスタントに選ばれてきた岡本は、J1での豊富な経験も生かしてチーム力の底上げに貢献した。大分でレギュラーを務めてきた安川はウイングバックやサイドバックで期待されたが、加入直後のケガなどもあり主力になかなか食い込めなかったが、松本に推進力を与え続けた。

 岩間は1986年生まれ2月21日生まれの32歳。東京都出身。178センチ・ 69キロ。 今季はリーグ34試合1得点。

 岩間は次のようにコメントしている。

「松本山雅FCでプレーできたこと、チームと一緒に成長してこれたことを嬉しく思います。 いつも熱く、いつも優しく、どんなときも側に居てくれて、どんなときも最後まで大きな声で応援してくれる皆さんの前で、そしてアルウィンのピッチでプレーできたことは最高の喜びでした。 そして多くの思いで紡がれてきた松本山雅FC。自分の『想い』はみなさんに託します。 来年も笑顔で溢れるシーズンになるよう願っています。 松本山雅FCに関わる全ての方に感謝しています。5年間お世話になりました。 ありがとうございました」

 岡本は1990年6月29日生まれの28歳、広島県出身。179センチ・ 70キロ。 今季11試合1得点を記録。

 岡本のコメントは次の通り。

「まず松本山雅FCの皆様J2優勝、J1昇格おめでとうございます。自分自身2年間、松本山雅FCの力に、なかなかなれなかったですが、素晴らしい仲間を始め素晴らしいチームでサッカーができたのは幸せでした。 これからも人として素晴らしい人間力を持った人に近づけるよう日々精進していきたいと思います。 2年間お世話になりました。 頑張る時はいつも”今”」

 安川は1988年5月24日生まれの30歳。福岡県出身。183センチ・ 73キロ。今季5試合0得点。

 安川は次のようにコメントしている。

「松本での3年間とても楽しくこのチームでプレーできて幸せでした。松本のことが好きだし、アルウィンで試合するのが大好きです。3年間本当にありがとうございました」

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads