【J1参入PO】東京Vが執念の勝利!GK上福元のヘッドからD・ヴィエイラがAT弾

2試合連続の完封勝利を収めた東京VのCB井林章。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

12月8日のJ1参入決定戦は磐田対東京Vに。

[J1参入PO 2回戦] 横浜FC 0-1 東京V/2018年12月2日/ニッパツ三ツ沢球技場

 J1昇格を懸けたプレーオフ2回戦、東京ヴェルディが後半アディショナルのドウグラス・ヴィエイラのゴールで、横浜FCに1-0の勝利を収めた。東京Vが12月8日のJ1・16位のジュビロ磐田とのJ1参入決定戦に臨む。

 立ち上がりからハイテンションで激突し合う好ゲームに。引き分けでもJ1参入決定戦に臨める横浜FCは、センターフォワードのイバが前線の軸になるだけでなく、守備面でもプレスとリトリートを繰り返して貢献。最終ラインではカルフィン・ヨンアピンを中心に安定感のある守備を見せる。

 一方、東京Vはパスを左右に振って様子をうかがいながら、渡辺皓太や井上潮音、交代出場の梶川諒太らが縦パスを入れて変化をつける。

 両者ともに大きなミスのない息詰まる攻防が続き、迎えた後半アディショナルタイムの90+6分だった。まさに東京Vが掴んだラストチャンスだった――。

 佐藤優平の右コーナーキックを攻め上がったGK上福元直人がヘッドで合わせる。このシュートを相手GK南雄太がセーブ。そして、そこに反応した途中出場のドウグラス・ヴィエイラが押し込み、土壇場でついに均衡を破ってみせたのだ。

 引き分けでも勝ち上がれる横浜FCが”守り”に入ったところを見逃さず――東京Vの執念が実った。

 磐田対東京VのJ1参入決定戦は12月8日14時から、ヤマハスタジアムで行われる。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads