【東京V】林陵平、俺に任せろ!「柏も山形も上げた昇格請負人。自信ある」

東京Vの林陵平(右)と平智広(J1参入PO1回戦より)。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

プレーオフ2試合で急激に進化を遂げるなか、磐田との”平成最後のJ1参入決定戦”に挑む!

[J1参入PO 2回戦] 横浜FC 0-1 東京V/2018年12月2日/ニッパツ三ツ沢球技場

 東京ヴェルディは横浜FCとのJ1参入プレーオフ2回戦、前半は変則気味の2トップ、途中から4-2-3-1にするなど布陣に変化をつけながら、相手のプレスをかいくぐり勝機を見出していった。

 最前線で攻撃はもちろん守備面でも気を配りながらフル出場し、奇跡のアディショナルタイム弾につなげたのが、FW林陵平だった。

「相手もハードワークしてくるチームで、1回戦の大宮とは違って、前からプレスに来る感じでした。前半のような(相手のプレスに圧される)展開になるかなと思っていましたが、焦れずにやれたことが、最後のゴールにつながったと思います」

 林はそのように振り返る。立ち上がりから相手との火花散る肉弾戦が続いたが、そこを凌げば、テクニックに長ける東京Vにもチャンスは来る――そう踏んでいた。

「相手のプレスの掛け方も変わってくるなか、自分たちのやろうとしていることを変わらず示せたことが一番大事。そこでやろうとしていることがなくて、ブレるようなことはありませんでした」

 スコアレスで推移しながらも、東京Vは自分たちのペースに持ち込み特長を出せつつある感触を掴んでいた。横浜FCの速攻も脅威だった。GK上福元直人のヘッドからのドウグラス・ヴィエイラ弾という流れは、確かに奇跡的ではあった。

 ただ、ゴールを奪える予感が高まるなか、緑の選手たちにとっては必然と言える90+6分の一撃だった。

 最前線で体を張り、最後まで走り抜いた林はより自信を深め、何よりこの2試合で急激に進化を遂げながら、平成最後のJ1参入プレーオフ決定戦・ジュビロ磐田戦(12月8日14時@ヤマハ)に臨む。

「(横浜FC戦は)いやぁ、なかなか、味わえない選手冥利に尽きます。フルタイムで使ってもらえた喜びもあります。僕は柏と山形でJ1昇格しています。昇格請負人というところを僕は持っていると思うので、自信はあります。そういう運って大事だと思いますから」

 林は胸を張ってそう言った。優勝請負人の自負。林が自身三度目、そしてクラブとしては11年ぶりのJ1復帰に向けて、少し力強く笑った。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads