天皇杯決勝、シャトルバスの運行なし。マラソン大会の交通規制に伴い

埼玉スタジアム(写真は日本代表戦より)。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

浦和美園など5つの駅からスタジアムまでの往路復路。

 国際興業バスはこのほど、12月9日の「98回天皇杯決勝・浦和レッズ対ベガルタ仙台戦」(18時キックオフ)、同日開催される「さいたま国際マラソン」に伴う交通規制の関係で、往路復路ともに埼玉スタジアム2〇〇2間各路線の同社シャトルバスの運行はしないと発表した。

 同社は「シャトルバスご利用のお客様にご迷惑をお掛け致しますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします」と理解を求めている。

 運行されない路線は次のとおり。

◎往路・復路共に運行なし
浦和駅―埼玉スタジアム2〇〇2
東浦和駅―埼玉スタジアム2〇〇2
浦和美園駅―埼玉スタジアム2〇〇2
北浦和駅―埼玉スタジアム2〇〇2
岩槻駅―埼玉スタジアム2〇〇2

 同日のさいたま国際マラソンは、さいたまスーパーアリーナ発着で、「代表チャレンジャーの部(女子)」が9時10分、「フルマラソン一般の部(男女)」と「フルマラソン女子ビギナーの部」がが9時40分のスタート。埼玉スタジアムが折り返し地点となる。

 交通弱者やへの対応、一方、自家用車での来場が増えた際の対策などが急務となりそうだ。なお当日の天気予報は「晴れ」、7日7時現在の埼玉県の降水確率は10パーセントとなっている。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads