神戸のオフィス訪問…イニエスタが「新たなプロジェクトをスタート」

ヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタ。(C)SAKANOWA

アシックス社での打ち合わせの様子などツイート。

 ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタが12月13日にSNSのツイッター(@andresiniesta8)を更新し、次のように呟いた。

「数日前、私はアシックス(@ASICS_JP)の神戸オフィスを訪問し、新たなプロジェクトをスタートさせました」

 ツイートには同社を訪問した写真4点も掲載。イニエスタが真剣な眼差しで打ち合わせをしている様子も捉えている。

 アシックスは10月1日、FCバルセロナから神戸に加入したイニエスタとアドバイザリースタッフ契約を締結。イニエスタは同社のスパイクシューズを使用し、同社商品の開発面でのアドバイス、広告への登場など販売促進への協力などを行っている。その契約締結の際にイニエスタは「世界との差を縮めるべく日本のサッカー界に貢献するとともに、人々に大きな感動を与えられるよう取り組んでいきます。そしてこの契約は、それらを実現するための新たな一歩だと信じています」とも語っていた。

 あれから2か月が経ち、最初のオフを迎えた。”メイド・イン・ジャパン”ブランドであるアシックスとスペインが生んだ史上最高の選手であるイニエスタのコラボレーションにより、どのような技と技が交わる「匠」のプロジェクトが進行されていくのか――。今後の展開が楽しみだ。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads