【クラブW杯】次戦はレアル・マドリー! 鹿島が鮮やか逆転勝利

鹿島のFWセルジーニョ。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

開始3分に失点も、後半に永木、セルジーニョ、安部が決める。

[クラブW杯 準々決勝] 鹿島 3-2 グアダラハラ/2018年12月15日/ハッザーア・ビン・ザイド(UAE)

 UAEクラブワールドカップ2018準々決勝、アジア代表の鹿島アントラーズ(日本)が3-2で北中米カリブ海代表のグアダラハラ(メキシコ)に逆転勝利を収め、ベスト4進出を決めた。鹿島は19日(日本時間20日1時30分)にヨーロッパ代表のレアル・マドリー(スペイン)と対戦する。

 開始3分にミスを突かれ、グアダラハラのサルディバルに先制点を決められてしまう。その後も相手チームに押し込まれたものの耐えて、徐々に相手ゴール前まで持ち込む時間を増やす。

 すると鹿島は後半開始、レアンドロを代えて安部裕葵を投入。この一手が効いて、攻勢を仕掛ける。迎えた49分、右サイドに開いた土居聖真のクロスを、ボランチの位置から走り込んだ永木亮太が合わせて同点に追いつく。

 さらに69分、土居がペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。これをセルジーニョが決めて逆転に成功した。さらに84分、カウンターから安部が狙いすましたミドルを叩き込み、3点目を奪取。アディショナルタイムに山本脩斗のファウルでPKから1点を返されたものの3-2で逃げ切り、鹿島が準決勝にコマを進めた。

 鹿島対レアル・マドリー戦は、日本テレビ系列の地上波で生中継される。

 鹿島のグアダラハラ戦のメンバーは次の通り。

▽鹿島アントラーズ 
KASHIMA ANTLERS

GK
1 クォン・スンテ
DF
2 内田篤人
35 チョン・スンヒョン
3 昌子 源
16 山本脩斗
MF
25 遠藤 康(キャプテン)
(87分→ 22 西大伍)
4 レオ・シルバ
6 永木亮太
8 土居聖真
(80分→ 32 安西幸輝) 
11 レアンドロ
(HT→ 30 安部裕葵)
18 セルジーニョ

Ads

Ads