【湘南】フレイレ、指宿、武富の加入、岡本の完全移籍を一挙発表!

湘南が清水からフレイレを獲得!写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

武富は浦和から2020年1月末までの期限付き移籍で。

 湘南ベルマーレは12月23日、フレイレ、指宿洋史、武富孝介と3選手の加入と浦和レッズから期限付き移籍中の岡本拓也の完全移籍での獲得(切り替え)を発表した。

 完全移籍での加入が決定したのは、清水エスパルスのDFフレイレ、ジェフユナイテッド市原・千葉のFW指宿の二人。

 フレイレは 1989年8月21日生まれの29歳、ブラジル出身。187センチ82キロ。今回の加入に際して、「曺監督とクラブ関係者の皆様に感謝の気持ちを伝えるとともに、多くの日本代表選手を輩出し、今年ルヴァンカップを制した湘南ベルマーレの一員になれたことを嬉しく思います。ベルマーレの選手としてのプライドを大切にしながら、クラブが掲げる2019年の目標を達成できるようにチームメイトと協力して一試合一試合頑張りますので、これからよろしくお願いいたします」 とあいさつしている。

 また、指宿は1991年2月27日生まれの27歳。千葉県出身。195センチ85キロ。「このたび湘南ベルマーレに加入することになりました指宿洋史です。チームが必要としてくれたことに大変感謝しています。同時に、強い覚悟を持ってこの移籍を決断しました。一日も早くサポーターの皆さんに認められ、チームの勝利に貢献するために全力で戦います」 と、コメントしている。

 さらに、武富の2014年以来の復帰も決定。今回は浦和からのレンタルで、期間は2019年2月1日から2020年1月31日まで。武富は次のようにコメントしている。

「湘南ベルマーレに加入することになりました武富です。みんなが躍動するこのチームでまた戦えることがすごく楽しみです。覚悟と決意をもってプレーします、一緒に戦いましょう! よろしくお願いします」

 加えて、2016年から浦和からの期限付き移籍でプレーしてきた岡本が、完全移籍に切り替えた。26歳になるDFは正真正銘、来季から湘南の男となる。

 岡本は次のようにコメントしている。

「来季からは湘南が僕にとって正真正銘のホームになります。在籍は4年目になるので、黄緑色のユニフォームを着ることにどんな責任が伴うか、充分理解しているつもりです。その責任をピッチの上で果たし、自分だけでなくチーム全体の成長に貢献できるよう戦います。サポーターの皆さん、より上を目指すために、これからも共に戦ってください」

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads