【千葉】プラチナ世代の技巧派MF堀米勇輝を甲府から完全移籍で獲得

甲府から千葉への移籍が決まった堀米。(C)SAKANOWA

今季は27試合5ゴールを記録。

 ジェフユナイテッド市原・千葉は12月27日、ヴァンフォーレ甲府から堀米勇輝を完全移籍で獲得したと発表した。

 堀米は1992年12月13日生まれの26歳。16センチ62キロ。山梨県出身。キャリアは、甲府ユース―甲府―ロアッソ熊本(期限付き移籍)―愛媛(期限付き移籍)―甲府―京都―甲府。

 今季はJ2でリーグ27試合5ゴールを記録。リーグ出場歴はJ1通算 36試合2ゴール、J2通算152試合25ゴール。

 堀米は次のようにコメントしている。

「ジェフ千葉の皆さん、今回完全移籍で加入することになりました堀米勇輝です。サポーターの皆さんに1日も早く認めてもらえるよう努力し、チームの目標が達成できるよう一生懸命取り組んでいきたいと思います。よろしくお願いします」

 甲府ユース出身の最高傑作と謳われ、2009年のU-17ワールドカップの全試合に先発出場したプラチナ世代の一人。実績は十分に積んできた技巧派MFが、J1昇格を大目標とする千葉の切り札になる――。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads