【栗澤僚一インタビュー・マイベスト①】最高のゴールと友達は?

柏サッカー場のピッチに立つ栗澤。やはりこのスタジアムが似合う。(C)SAKANOWA

今季限りで引退を決断した栗澤がインタビューに登場。現役14年間を振り返り、コーチとしての決意を示す。

 柏レイソルの栗澤僚一は2018シーズン限りで現役引退を決断し、来季、チームに復帰するネルシーニョ監督のもとでトップチームのコーチに就任することが決まった。

 今回、栗澤が現役生活14年間の「マイベスト」について振り返り、さらに新コーチとしての抱負も語ってもらった。年末年始を挟み、短期連載でお届けする。

 連載1回目は、ベストゴールとベストフレンドについて聞いた。

――・――・――・――・

――14年間の現役生活、本当にお疲れ様でした。

「ありがとうございます」

――2019シーズン、柏レイソルのトップチームコーチ就任が決定した栗澤さんですが、改めて、そのキャリアを締めくくる意味で、いろいろな「マイベスト」を聞かせてください。

「なるほど。面白そうですね」

――ではまず、これは外せないテーマでしょうか。マイベストゴールは?

「それはもう2013年、ACL(アジアチャンピオンズリーグ)のアウェーでの水原三星戦です(4月3日、柏が6-2で勝利)。2ゴールを決めたうちの最初のボレーシュート(51分に決めたチーム2点目)です。むしろ、あれしかないだろう、というぐらい(笑)。

 PKを4本も取られて、それででもアウェーで6-2のスコアで勝ちました。いろんなことが起きて、いろんな思いが凝縮された試合でもありました」

――微妙な判定もある大荒れの展開のなか、決めてやったぜ! という一撃?

「そんなことはなかったです。『あ、おぉぉ、入っちゃった!』という感じでしたから。ちょうど結婚を発表した2日後の試合ということもあって、みんなが本当に喜んでくれました。あんなに喜んでくれるんだ! たまに点を取るのもいいなって気付かされましたから(笑)。もう、そういった光景を含めて、とても嬉しかったです」

G大阪を9連勝に導いた今野の姿に「自分はそんな存在になれなかった」。

――栗澤さんのベストフレンドと言えば?

「レイソルでは、タニ(大谷秀和)です。あと他チームでは、今野(泰幸、G大阪)とはよく連絡を取り合っています。その二人ですかね。二人でいいですか?」

――もちろんです。

「タニは独身時代からずっと一緒で、性格を含めてお互いに分かり合えています。一緒にプレーしていても、何も言わずに通じ合っていると思えます。今後は(柏一筋でプレーし、ネルシーニョ体制の頃を知る)タニが、レイソルの鍵を握っていると言えるぐらい、大きな存在になると思います」

――今野選手とは?

「FC東京時代からつながっている選手は意外と少なくて、今野とは正月に家で会ったりもしてきました。アイツは『俺は一生現役でやるから』と宣言していますから。実際、今季終盤のガンバ大阪の9連勝を支えた原動力になる活躍を見せていましたね。自分はそんな存在にはなれなかっただけに、本当に尊敬しています。そんなタニや今ちゃんがいてくれたからこそ、俺もやらないといけないなと刺激をもらってきました。だからこそ、これだけ長くプレーできたと感謝しています」

※連載2回目はこちら「最強の対戦相手はネイマールとガンソ。日本人では?」です!

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Posted by 塚越始

Ads

Ads