【全国高校選手権】中川歩夢の強烈弾で、瀬戸内が初出場初勝利

(C)SAKANOWA

「何かが起きると思いシュートを打った」。鹿島MF安部裕葵の後輩たちが躍動!

 [全国高校サッカー選手権 2回戦] 都市大塩尻(長野)0-1 瀬戸内(広島)/2019年1月2日/味の素フィールド西が丘 

 瀬戸内が高い個人技を随所で披露し、中川歩夢のゴールで都市大塩尻に1-0で競り勝ち、初出場初勝利を収めて3回戦に駒を進めた。

 立ち上がりは瀬戸内が主導権を握り、高い位置でボールをキープしながら、中川や川岸怜央が巧みな足技から仕掛けてゴールに迫る。迎えた20分、ゴール正面、中川が一瞬の隙を見逃さずに振り抜き、強烈なシュートを突き刺す。

 しかし後半は都市大塩尻が猛反撃。途中出場の酒井大成が前線を活性化させ、二木七翼らが決定的なシュートを放つが……ゴールならず。その後も積極的に攻め込み、再三チャンスを作り出した。

 それでも最後は瀬戸内が試合をコントロールしながら締め括り、1-0で勝利。選手権初出場で待望の初勝利を収めた。

 瀬戸内の安藤正晴監督は「選手たちが伸び伸びとやってくれました。緊張したなかで持ち味を出し、丁寧にボールを運んでくれた。今日と同様に、できることをやって、一つひとつ戦っていきます」と語った。

 決勝点を決めた中川は「先輩たちと1試合でも多くできることになり、嬉しく思います。ゴールが見えたのでシュートを打ったら何かが起きると思って打ちました。チャンスは絶対に来るので、そのときにしっかり決めたいです」と喜んだ。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads