仙台の新背番号決定。関口が決意の7番襲名「直樹さんの番号を勝負の年に」

40番から7番への背番号変更を決めた仙台の関口訓充。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

飯尾竜太朗「3」、兵藤慎剛「6」、松下佳貴「8」。

 ベガルタ仙台は1月8日、2019シーズンのメンバーと背番号を発表した。新加入の飯尾竜太朗が「3」、兵藤慎剛が「6」、松下佳貴が「8」。さらに昨季40番だった関口訓充が千葉直樹と奥埜博亮がつけてきた「7」を継承することになった。

 関口は自身のオフィシャルブログで、この背番号変更について次のように説明している。

「関が着ないなら空き番号にする予定だと言われたので、俺の中での決意と言うか勝負の年やなと思って着ることにしました。

 着させてもらいますと連絡すると、直樹さんが楽しみにしてると言ってくれたので嬉しかったです。この背番号をさらに価値をあげていけるように頑張って行きたいと思う!!」

 仙台では通算11シーズン目に突入する。梁勇基、富田晋伍とともにクラブの歴史を知る存在に。昨季は天皇杯でクラブ史上初の主要タイトルを懸けたファイナル進出を果たした一方、リーグ戦は16試合1ゴールとふるわなかった。関口が新背番号「7」とともに、心機一転、仙台のために全てを懸けて戦う。

□2019シーズン ベガルタ仙台の背番号
▼VEGALTA SENDAI
背番号 ポジション 名前 生年月日
1 GK シュミットダニエル 1992/02/03
2 DF 永戸勝也 1995/01/15
3 MF 飯尾竜太朗 1991/01/30
4 DF 蜂須賀孝治 1990/07/20
5☆MF 椎橋慧也 1997/06/20
6 MF 兵藤慎剛 1985/07/29
7☆MF 関口訓充 1985/12/26
8 MF 松下佳貴 1994/03/03
9☆FW ハモン・ロペス 1989/08/07
10 MF 梁 勇基 1982/01/07
11 FW 石原直樹 1984/08/14
12 サポーター番号
13 DF 平岡康裕 1986/05/23
14 MF 石原崇兆 1992/11/17
15 MF 吉尾海夏 1998/06/28
17 MF 富田晋伍 1986/06/20
18 MF 道渕諒平 1994/06/16
19 FW ジャーメイン良 1995/04/19
20 FW 阿部拓馬 1987/12/05
21 GK 関憲太郎 1986/03/09
22 GK 川浪吾郎 1991/04/30
※23 DF シマオ・マテ 1988/06/23
27 DF 大岩一貴 1989/08/17
30 MF 田中 渉 2000/09/23
31 DF 照山颯人 2000/08/28
33 DF 常田克人 1997/11/27
38 FW 長沢 駿 1988/08/25
39 DF 金 正也 1988/05/17
※太字が新加入選手。
※☆印が昨季からの変更。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads