湘南ベルマーレの今季テーマは「加速」

新体制発表会に臨んだ湘南の選手と曺貴裁監督。ラファエル・デュマスは13日頃に合流予定。(C)SAKANOWA

スローガンは『Accleration―加速―』。「何かを守る、削るという発想ではなく、何かをつけくわえてスピードを生む」。

 湘南ベルマーレの新体制発表記者会見が1月11日、平塚市内のホテルで行われ、新加入選手が2019シーズンに向けた抱負を語った。また、2019年のスローガンは「Accleration アクセラレーション――加速――」に決定。その意味について、8シーズン目の指揮を執る曺貴裁監督は次のように語った。

「我々の今季の目的は一つ。それがこのスローガンです。

(新加入13人は)チームを加速させるために来てもらった選手たちです。

 聞きなれない言葉ですが、車のアクセルを名詞にした言葉。昨年までのやり方がどうだったか、昨年まで良かったから今年もそうするということでは現状維持にすぎません。

 チームの成長のため、想いを持って戦うこと。そのフットボールが、自分たちのためになるんだという気持ちを含め、そういうことを加速させられる選手たちです。

 加速していかなければ、上に行けません。何かを守る、削るという発想ではなく、何かをつけくわえて、スピード超過になると車は壊れてしまうので、超過にならない加速の仕方を選手たちに覚えさせて、今年1年やっていきたいと思います」

 よりスピード感溢れるサッカーが展開されそうだ。そして指揮官はそのコンセプトにあった選手を獲得できたと強調していた。

「目指すべきものに向かって加速し、さらに上へ行かなければならない。サポーター、ファンの方たちはチームの宝物です。また、選手もチームにとって宝物だと感じます。

 互いを尊敬できる、そういったチームに感動は生まれることを実感しています。

 『絶対に勝たせてやる』と、そういうシーンを共有できるように、エネルギーを出し、自然とそんな空気が醸し出されるよう、自分たちを信じて一生懸命やっていきます」

 曺監督はそのように自分自身の決意も述べた。具体的な目標については、他チームにも配慮し、ここでは明言しなかった。湘南のノンストップフットボールは、さらに勢いを増して、2019シーズンへ突入する。

取材・文:塚越始 
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads