酒井宏樹がオマーン戦で目指すは勝利のみ「慎重かつ大胆に試合に入る」

日本代表の酒井宏樹。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

アジア杯公式ツイッターに登場。

[アジアカップ GS2節] 日本- オマーン/2019年1月13日/ザイードスポーツシティスタジアム

 日本代表は今日1月13日(日本時間22時30分)、アラブ首長国連邦(UAE)で開催中のAFCアジアカップ2019グループステージの第2戦、オマーンと対戦する。

 この大会では「AFCアジアカップ」の日本語版公式ツイッター(アカウントは @afcasiancup_jp)が日本代表の選手たちの現地の新鮮な声など、さまざまな情報を発信している。

 1月12日には酒井宏樹が登場し、翌日のオマーン戦への抱負を語った。

 初戦のトルクメニスタン戦にフル出場して3-2の勝利を収めた酒井は、「勝点3がもたらすパワーはすごい。それによって前向きに取り組むことができたので、明日も勝点3を狙っていきたいです」と、大会序盤の「勝点3」の価値を強調していた。

 日本はオマーン戦で勝てばグループステージ突破が決まる。酒井は2試合で決勝トーナメント進出を決めるメリットを次のように挙げていた。

「グループステージ突破を決めることはすごく大事なこと。あくまでも『グループ』なので、3試合すべてマックスで戦わなくて済む状況に持っていける可能性もあります。慎重かつ大胆に試合に入っていきたいです」

 今大会は3位の4チームがベスト16に進める規定。優勝するためには、決勝トーナメントで4試合勝たなければならない。日本は日程や移動面を考えると、2位突破のほうが負担が小さく済むが、あくまでも、もちろん1位突破を目指す方針だ。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads