【浦和】杉本健勇が背番号「14」で決意!「平川さんの魂を引き継いで頑張る」

浦和に加入し決意を示した杉本健勇。(C)SAKANOWA

点を取るだけでなく、ボールを収め守備もする――イメージはできている。

 浦和レッズの新体制発表記者会見が1月17日、埼玉スタジアム2〇〇2で行われた。エヴェルトンが明日18日の合流となり、新加入8選手が新シーズンへの抱負を語った。

 そのなかでセレッソ大阪から完全移籍で加入した杉本健勇は、「ここに移籍することに決断はそんなに難しくなかった。強い覚悟を持ってきたのでしっかり結果を残し、リーグとACLの二つを獲れるように頑張りたいと思います」と抱負を語った。そして、昨季引退した平川忠亮のつけていた14番を引き継ぐことへ決意を示した。

「これまで付けたことはありませんでしたが、ずっと好きだった番号です。平川さんにも直接話をさせていただきました。活躍しないと14番の価値が下がってしまう。平川さんの魂を引き継いで頑張ります」

 またオズワルド・オリヴェイラ監督のサッカーのスタイルの印象について次のように語った。

「勝負強い。勝つサッカーというイメージが強く、しっかり全員で守備して、全員で攻撃する。FWなので点を取ることはもちろん、ボールを収めるところ、守備のところもやらなければいけない。そのイメージはできてきています」

 浦和のユニフォームに身を包んだ杉本が、さっそく強い覚悟を示した。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads