J1復帰の松本、大宮に敗戦も橋内主将「そんなに悪くなかったと捉えている」

松本の橋内優也(後列中央)。(C)SAKANOWA

2失点は喫したものの、”崩されたシーン”はほぼなし。

[Jリーグ PSM] 大宮 2-0 松本 /2019年2月9日/NACK5スタジアム大宮/6,286人

  松本山雅FCは大宮アルディージャとのプレシーズンマッチで、2失点を喫して敗れた。ただし、あくまでも今は本番に向けた過程。試合後の選手や反町監督から前向きな言葉が聞かれた。2次キャンプまで体力的に追い込んで迎えた試合だっただけに、現段階では、ゲーム感覚を取り戻すことに重点を置き、そのうえで約束事などが徹底されていることを収穫に挙げていた。

 主将の橋内優也は「ゲーム内容としてはそんなに悪くはなかったと捉えていて、自分たちのプレーややり方は出せました」と振り返り、次のように続けた。

「90分のなかで失点して悪い部分も出ましたが、1失点目はプレッシャーを受けたあとの後ろのミス、2失点目はコミュニケーション不足、それ以外は前半に一度あったぐらいで、そんなに危ないシーンを作られなかったと思うので、最初のゲームとしてはまずまず。悪くはなかったと感じています」

 すでに橋内のなかでは、開幕までに何をすべきか課題がクリアになっているようだった。

 全員がハードワークし、ボールを奪った瞬間に攻撃のスイッチが入る。そういった松本の狙いは確かに、新加入選手を含めて全員で共有できているようだった。その細部をいかに詰めていくか。松本はこのあと、10日から16日まで鹿児島県で3次キャンプを行う。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads