今治から湘南へ飛び級移籍。小野田将人が「曺さんと岡田さんは似ている」

今治から湘南に期限付きで加入した小野田将人。(C)SAKANOWA

二人の”名将”から認められた男。

 DF小野田将人は2019シーズン、元日本代表監督の岡田武史氏が代表を務めるJFLのFC今治から、J1の湘南ベルマーレへ一気に3カテゴリーアップする飛び級での移籍を果たした。今季末までの期限付きでの加入だ。

 そんな小野田が1月11日の新体制記者会見の席上、湘南ベルマーレの曺貴裁監督の第一印象を聞かれると、次のように答えた。

「僕は岡田(武史)さんとすごく似ていると思いました。ちょっと最初は……話しかけにくいオーラをすごく感じました……。でも、とても気さくに話しかけていただいて、岡田さんよりも、優しい方だと思いました」

 岡田さんよりも優しいという曺監督の“勝利”に、会場に集まっていたサポーターからも大きな笑いが起きた。

 ただし、そのあと小野田に話をうかがうと、岡田監督も、とても人情味が溢れているということを強調していた。

「岡田さんと二人きりで話す機会は限られていました。今回も(移籍が)急きょ決まったので、あいさつもできないまま、来てしまいました。ただ、岡田さんから曺さんに、『思い切り厳しく指導してほしい』と伝えていてくれたそうです。僕のことを考えてくれている想いが伝わってきて、愛されていたのかなと感じました(笑)」

 ある意味、日本を代表する二人の指導者から、認められた男と言える。その小野田は、湘南の力になれるはずだと自信を抱く。

「(昨年、湘南に)練習参加させていただいて、自分の中で手応えを得られて、一方でウィークポイントもハッキリしました。今治でやってきた4年間で見つけてきたウィークポイント。そこをストロングポイントとしているのが、この湘南でした。だから、そこを早く身に付けられれるようにしたいです。そうすればチームに順応し、貢献できると思っています。自信はあります。そこはすごく楽しみです」

 小野田はそのように意欲を示していた。

「僕にとっては初めての移籍なので、もっと選手のことを知り、自分を認めてもらえるプレーや表現をしていかないといけない。しっかりコミュニケーションをとっていきたいです」

 22歳と若く、元々はFWの選手。今治では2年前はDF、昨季はストライカーとしても活躍している。180センチありながらも抜群のスピードとテクニックを有し、リスクを厭わない攻撃参加が最大の武器だ。その起用法も楽しみである。湘南が取り組む絶え間ない全力でのトランジションをモノにしていければ、どのポジションでも化ける可能性は十分ある。

 二人に認められた男。次は曺監督と岡田監督を唸らせる番だ。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Posted by 塚越始

Ads

Ads