充実の日々を送る香川真司が唯一イスタンブールで困ったこととは?

香川真司。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

質問した記者が「40年間住んでいても慣れない」。

[シュペル・リグ 22節] イェニ・マラティヤスポル – ベジクタシュ/2019年2月15日/マラティヤ・アリーナ

 ベジクタシュJKのMF香川真司が先日、カタールに本拠地を置く『ビーイン・スポーツ』のインタビューに出演したなかで、イスタンブールでの新生活についても話題が及んだ。

 1月31日に現地イスタンブール入りし、そのまま契約を結んで生活がスタート。香川は「(余暇は)部屋で過ごすことが多いです。あとはホテルでのジムやプールで汗を流しています。(イスタンブールの分かなど)これから知ることが多いと思うので、楽しみにしています」と語った。

 ヨーロッパでの滞在は10年目に突入。トルコの環境にもすぐ溶け込めそうだという。しかし――香川は次のようにも言った。

「新しい環境、挑戦が楽しみです。ただ……交通渋滞だけは慣れないですね」

 イスタンブールの渋滞は、世界でも”屈指”と言われる。移動時間が読めないということには、さすがに困っているようだ。

 質問した記者も「イスタンブールで40年間いるけれど、それには全く慣れませんよ」と、香川と一緒に苦笑いを浮かべた。

 そして香川は次のようにファンへ呼びかけた。

「ベジクタシュの選手、サポーターと喜びを分かち合えるように、素晴らしい結果を残せるように、ハードワークをして、まずこのシーズンが終わるまで戦い抜きたいと思いますので、ぜひ熱い声援をお願いします」

 また具体的な目標を問われたが、香川は「足元を見つめて、1試合1試合、チームのために戦い、その先にそういった結果(優勝)を残せるように努力するだけです。(ゴール数は?)具体的な数字は立てず、一つでも多く、得点とアシストを記録したいです」と、一戦必勝を誓った。

 香川はアンタルヤスポル戦(〇6-2)で衝撃の2ゴールデビューを飾り、続くブルサスポル戦(〇2-0)と、2試合連続で途中出場中。ベジクタシュは2月15日にアウェーでイェニ・マラティヤスポル戦を迎える。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads