浦和に完勝、中村憲剛「勝利にこだわった」。今季の川崎は一発勝負も強い

川崎の中村憲剛。(C)SAKANOWA

「こうした試合に勝てないとずっと言われ続けてきた」

[Jリーグ スーパーカップ] 川崎 1-0 浦和/2019年2月16日/埼玉スタジアム2〇〇2

 Jリーグ王者の川崎フロンターレが天皇杯覇者の浦和レッズを下して、「FUJI XEROX SUPER CUP」初優勝を果たした。スコアは1点差だが、シュート数は12本対1本。リーグ開幕まで1週間前、川崎がほとんどの時間に渡ってボールを支配しての”完勝”だった。

 まだまだ両チームともに調整段階ではある。そのなかで掴んだこの1勝の価値について、川崎の中村憲剛は試合後、次のように言った。

「こういうところ(試合)を落としてきたチームだと、ずっと言われ続けてきましたから。そこに対しての想いはかなりありました。相手どうこうと言うよりも、自分たちの力でこの試合を取るというところは、試合開始から表現できました」

 今季、川崎はリーグ3連覇とともに、ACL(アジアチャンピオンズリーグ)、そして国内カップ戦の初制覇も目標に掲げる。カップ戦決勝の一発勝負に勝つ――その勝ち癖をつける意味でも、この日は「結果=勝利」にこだわったという。

 中村はその目的を達成できたことに、小さくない手応えを得ていた。

「こういう試合の入り方、こういう気持ちの強さ、こういう戦い方をすれば、タイトルを獲れるんだという経験が、後々のシーズン終盤になって、カップ戦の上のほうへ勝ち進んだ時に生きてくると思います。そういう経験をしようとオニさん(鬼木達監督)も試合前に言ってくれて、そのための準備もしてきて、勝つことができました」

 つまり、川崎が何より欲していた、”決勝”に勝つという成功体験を積むことができた。

「もちろんピークはここに持ってきていません。ただ開幕以降、みんなで戦っていくうえで、ある程度のところまで持ってこれました。これまでの練習は、かなり厳しかったですから。

(試合に出られず)ウズウズしている選手もたくさんいて、ここから競争も始まります。試合に出ている以上、みんなの代表としてしっかり役割を果たさないといけないし、それぞれに仕事がある。ここから、また一つひとつ……。ただチームとして初めて、勝てば優勝という試合を勝てたのは個人的にも嬉しいし、チームとしても自信になると思います」

 チームの誰もが慢心など抱いていない。鬼木監督はむしろ「もっと圧倒したかった」と要求していた。

 ゼロックス・スーパーカップでさっそく一つ、これまで突き抜けきれずにいた壁を突破――ブレイクスルーを果たし、幸先良いスタートを切った。全員が連動し合う「上手さ」で唸らせてきたリーグ連覇中の川崎が、2019シーズンは「強さ」も見せつけようとしている。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads