本田圭佑がメッセージ「悩むな。考えろ」。ACL広島と対戦決定

本田圭佑。写真:徳原隆元/(C)Takanoto TOKUHARA

3月12日、エディオンスタジアムで”来日”なるか。

 オーストラリアAリーグのメルボルン・ビクトリーに所属するMF本田圭佑が2月20日、自身のSNSのツイッター(アカウント名は @kskgroup2017)を更新し、次のように一言メッセージを呟いた。

「悩むな。考えろ。

Don’t be concerned ! Think !」

 ブルース・リーが映画『燃えよドラゴン』のなかで語った名セリフ「考えるな。感じろ Don’t think! Feel.」は世界的にも知られている。その一つ先、新たな発想とも言える一言だ。

 ちょうど日本では高校受験が真っただ中を迎えている。そんな受験生をはじめ”春”を迎える人たちに送った一言とも捉えられている。コメント欄には、「考えて行動することは大事」「悩む、と考える、の区別が難しい」などといった反応が寄せられていた。

 サンフレッチェ広島がACL(アジア・チャンピオンズリーグ)のプレーオフを勝ち抜き、同大会本選に進出したことで、ACLグループFでメルボルン・ビクトリーと同組になった。

 本田もメルボルン・ビクトリーにメンバー登録されており、3月12日、エディオンスタジアム広島で開催されるグループ2節で対戦する(アウェーは5月22日の最終6節)。

 本田の所属するクラブチームが来日するのは初めて。しかも公式戦であり真剣勝負だ。

 果たして本田はピッチに立つことができるのか。間違いなく注目の一戦となる。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads