Jリーグ開幕節、あと「1」で達成する記録一覧│チーム編

トピックス・ニュース, Jリーグ

JリーグJ1J2

サカノワスタッフ

写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

広島、G大阪、横浜が揃って記録達成も可能。

 J1リーグは2月22日のセレッソ大阪対ヴィッセル神戸戦、J2リーグは2月24日11カードで開幕を迎える。

 J1&J2の2019シーズン開幕1節でいきなり「大台」に到達する記録が(以外とたくさん!)ある。今回、チーム編&個人編に分けて紹介しよう。

 まずはチーム編から。

 J1ホーム通算勝利数では、サンフレッチェ広島が現在199勝を記録。通算200勝まであと1勝と迫っている。清水エスパルス戦での達成なるか。

 また、J1通算得点では、ガンバ大阪が799得点、横浜F・マリノスが699得点、広島が649得点。G大阪が800ゴール、横浜FMが700ゴール、広島が650ゴールに、あと1点と迫っている。

 G大阪対横浜FMは開幕戦で対戦。もしかすると、開幕戦でいきなりすべてが達成される可能性も十分ある。ちなみに昨季、G大阪は横浜FMに1勝1分と一度も負けていない。

 また、仙台はJ1アウェー通算49勝。2節の横浜FM戦で50勝が掛かる。

 一方、J2では、横浜FCが「J2アウェー通算400ゴール」にあと1点と迫っている。

 そしてJ1~J3の入れ替えによって実現するのが新たなカードだ。

 ジュビロ磐田対松本山雅FCは、J1では初めての対戦となる。J2では0勝1分1敗。松本のほうに分があった。

 仙台は浦和は8試合勝ちなし(0勝2分6敗)、鹿島は大分に7連勝中&8試合連続負けなし(7勝1分)だ。

 さらにJ2では、鹿児島ユナイテッド対徳島ヴォルティス、レノファ山口対柏レイソル、FC琉球対アビスパ福岡が、いずれも今回初めての対戦となる。また、栃木SCはツエーゲン金沢に過去0勝3分1敗(4得点・6失点)と、一度も勝ったことがない。今回こそ、ホームでの”初勝利”で勢いをつけたい。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads