【PHOTO】新10番安部、新加入FW伊藤、新主将の内田…史上初のアジア連覇へ鹿島ACL本大会行き決定

鹿島の安部裕葵。胸にACL王者の「称号」として黄金のワッペンが光る。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

鹿島の公式戦初陣を厳選写真で振り返る。

[ACL PO]鹿島 4-1 ニューカッスル・ジェッツ/2019年2月19日/カシマサッカースタジアム

 鹿島アントラーズがニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)に4-1の勝利を収め、ACL本大会出場を決めた。

 新たに10番をつけた20歳の安部裕葵、デビュー弾を叩き込んだ新加入FW伊藤翔、ベンチで戦況を見守った新キャプテンの内田篤人――。1失点は喫したものの、時間が発つごとにコンビネーションと一体感は高まり、終わってみれば”ACL男”セルジーニョの2ゴール、新22番の安西幸輝のクロスに山本脩斗がヘッドで合わせる豪快弾など4ゴールを奪ってみせた。

 2年目の山口一真も存在感を示した。町田浩樹&チョン・スンヒョン、そしてクォン・スンテの守備陣も安定。何よりキャプテンマークをつけた永木亮太とレオ・シルバのプレーは安定感があり、落ち着いて見ていることもできた。

 史上初のアジア連覇へ。その切符を掴んだ一戦を厳選写真で振り返った。

 ページはこちら!

 鹿島は慶南FC(韓国)、ジョホール・ダルル・タクジムFC(マレーシア)、山東魯能(中国)と同じグループEに入った。

 今週末の23日にはJリーグ開幕を迎え、ホームで大分トリニータと対戦する。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads